[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 研修・資料・相談員資格 > 国民生活

[2014年7月15日:更新]
[2012年5月18日:公表]

国民生活

約40年前に月刊誌としてスタート。2012年5月に、『月刊国民生活』の編集コンセプトを継承した「ウェブ版」としてリニューアルしました。

消費生活問題に関心のある方や相談現場で働く方に、消費者問題に関する最新情報や基礎知識を分かりやすく伝え、知識の向上や学習に役立つ情報を月に1回(原則毎月15日に発行)お届けしております。


2014年7月号【No.24】(2014年7月15日発行)<全体版>

「ウェブ版国民生活」7月号の表紙

国民生活7月号 全体版PDF(4.7MB)

  • 「全体版PDF」のボタンをクリックすると直接PDFファイルが開きます。
  • ファイルサイズは4.7MBです。ダウンロードには7秒〜35秒程度かかります。
  • 利用しているインターネット環境により、さらに時間がかかる場合があります。
  • アクセスが集中した場合、エラー画面が表示されることがあります。時間をおいてから、再度お試しください。

【誌面デザイン】 株式会社サンビジネス



2014年7月号【No.24】(2014年7月15日発行)<分割版>

特集 消費者被害救済制度の新たな動き

もし、消費者トラブルに巻き込まれたら消費者はどうすればいいのでしょうか。今月号では2013年12月に成立した消費者裁判手続特例法を中心に、消費者が使いやすい被害救済制度である、裁判外紛争解決手続(ADR)と少額訴訟のメリットとデメリットを比較しながら、消費者の被害を救済する制度について解説していきます。

特集 バックナンバー

マークあれこれ

 暮らしの中で目にするいろいろなマーク。知っておきたいポイントや、マーク誕生のいきさつなどを紹介します。

  • 第23回 「海の恵み」を守るために 水産資源のエコラベル[PDF形式](477KB)
    【取材協力・画像提供】海洋管理協議会、マリン・エコラベル・ジャパン
    【取材・文】重光 純

    7月の第3月曜日は「海の日」。古くから日本の食文化の柱でもある「海の恵み」にもぜひ目を向けたいものです。今月は、水産資源や海の生態系の保護・管理などに配慮して捕られた魚や水産加工品に付される認証ラベルと、その制度について紹介します。

マークあれこれ バックナンバー

少子高齢化を生きる

 少子高齢化が進む原因や問題点は何か、対策はあるのか。様々な側面から現状を眺め、私たちができる対策を紹介します。

  • 第19回 高齢者の結婚[PDF形式](550KB)
    【執筆者】小谷 みどり(株式会社第一生命経済研究所主席研究員)

    近年、新たなパートナーと暮らし始める中高年や高齢者が増えています。その現状と課題を解説します。

少子高齢化を生きる バックナンバー

海外ニュース

 海外の消費者問題にかかわる話題をお届けします。

  • 海外ニュース(2014年7月号)[PDF形式](621KB)
    • [アメリカ] インスタント・タトゥーは安全か?
    • [イギリス] 2013年度の詐欺犯罪を総括
    • [オーストリア] 健康被害のおそれもある夏用婦人靴
    • [ドイツ] 誤解を招く内容量表示に批判
    【執筆者】安藤 佳子、岸 葉子

海外ニュース バックナンバー

“くるま”なんでも教室

 自動車やバイク、自転車をはじめとするさまざまな乗り物のしくみや法律、周辺知識などを分かりやすく解説します。

  • 第11回 カーエアコン[PDF形式](350KB)
    【執筆者】相川 潔(くるま総合研究会(KSK)代表)

    これからの季節、自動車のエアコンは欠かせない装備といえるでしょう。カーエアコンのしくみと省エネ性、効果的な使用法を解説します。

“くるま”なんでも教室 バックナンバー

インターネットと上手につき合う

 インターネットを使うときに身に着けておきたい周辺知識を取り上げていきます。

インターネットと上手につき合う バックナンバー

住まいの基礎知識−トラブルを未然に防ぐために−

 住宅、マンション、土地などを購入する際に知っておきたい基礎知識や注意点を紹介します。

住まいの基礎知識−トラブルを未然に防ぐために− バックナンバー

適格消費者団体活動レポート

 「消費者団体訴訟制度」の重要な担い手である適格消費者団体の活動を紹介します。
 (消費者団体訴訟制度(団体訴権)の紹介

  • 第10回 医療機関等に対する是正申入れ事例[PDF形式](158KB)
    【執筆者】伊藤 陽児(特定非営利活動(NPO)法人 消費者被害防止ネットワーク東海 理事 検討委員、弁護士)

    歯科医院の中途解約違約金条項等に関する申入れと医療機関の広告を集めたサイト運営事業者に対する申入れについて紹介します。

適格消費者団体活動レポート バックナンバー

金融商品を学ぶ

 金融に関する消費生活相談の解決に役立つ知識をお届けします。

金融商品を学ぶ バックナンバー

苦情相談

 消費生活センターに寄せられた相談をもとに、問題点や解決方法について考えます。

苦情相談 バックナンバー

暮らしの法律Q&A

 暮らしの中の疑問について、法律の専門家が考え方のヒントを紹介します。

暮らしの法律Q&A バックナンバー

暮らしの判例

 消費者問題にかかわる判例を分かりやすく解説します。

  • 個人財産総合保険契約の地震免責条項[PDF形式](469KB)
    【執筆者】独立行政法人国民生活センター

    マンションの一室で、東日本大震災の発生直後に生じた配水管の亀裂を原因とする水漏れ事故が起こり、階下の部屋にも損害が及んだため、部屋の所有者が加入していた個人財産総合保険契約に基づく保険金の支払いを求めたところ、保険会社は契約約款に地震免責条項が設けられていることを理由に支払いを拒否した事案を紹介します。

暮らしの判例 バックナンバー

誌上法学講座

 消費者問題にかかわる法律について、歴史や考え方などを解説します。

誌上法学講座 バックナンバー



注意事項

 ご使用の際は、次の注意事項をよく読んでお使いください。

 ウェブ版「国民生活」に掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は著作権の対象となっています。また、ウェブ版「国民生活」トップページおよび各誌面も、編集著作物として著作権の対象となっており、ともに日本国著作権法及び国際条約により保護されています。これらの掲載物につき、許可なく変更、改変することを禁じます。

 ウェブ版「国民生活」の内容の全部または一部について、国民生活センターの許可なく複製等することは禁止しています。ただし、同法で認められている私的使用のための複製、引用等を禁止するものではありません。



次号予告

 ウェブ版「国民生活」8月号(No.25)は、2014年8月15日(金曜)に掲載します!「特集」では「不動産サブリース問題の現状」を取り上げます!また、新連載「消費者問題アラカルト」では「シェアハウス」を取り上げます。



バックナンバー

内容別一覧

連載中

連載終了

発行月別一覧



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


研修・資料・相談員資格ページへ

ページトップへ