[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 研修・資料・相談員資格 > 国民生活

[2016年5月16日:更新]
[2012年5月18日:公表]

国民生活

約40年前に月刊誌としてスタート。2012年5月に、『月刊国民生活』の編集コンセプトを継承した「ウェブ版」としてリニューアルしました。

消費生活問題に関心のある方や相談現場で働く方に、消費者問題に関する最新情報や基礎知識を分かりやすく伝え、知識の向上や学習に役立つ情報を月に1回(原則毎月15日に発行)お届けしております。



2016年5月号【No.46】(2016年5月16日発行)<全体版>

「ウェブ版国民生活」5月号の表紙

国民生活5月号 全体版PDF(5MB)

  • 「全体版PDF」のボタンをクリックすると直接PDFファイルが開きます。
  • ファイルサイズは5MBです。ダウンロードには7秒〜35秒程度かかります。
  • 利用しているインターネット環境により、さらに時間がかかる場合があります。
  • アクセスが集中した場合、エラー画面が表示されることがあります。時間をおいてから、再度お試しください。

【誌面デザイン】 株式会社サンビジネス



2016年5月号【No.46】(2016年5月16日発行)<分割版>

特集 今こそ身に着けたい「金融リテラシー」

近年、金融の規制緩和が進んだことにより、さまざまな金融商品が登場しています。社会人として経済的に自立し、より良い暮らしを送っていくためには、生活設計の習慣化と金融商品を適切に利用選択する知識・判断力が必要です。そこで、最低限身につけておきたい金融リテラシーや金融経済教育の現状と課題等を解説するとともに、教育現場における金融教育の実践例について取り上げます。

特集 バックナンバー

消費者問題アラカルト

 話題になっている事柄や法改正の動きなどのトピックをすばやく発信します。

  • 改正景品表示法の課徴金制度−概要と展望−[PDF形式](251KB)
    【執筆者】松田 知丈(弁護士)

    2016年4月1日に改正景品表示法が施行され、優良誤認表示や有利誤認表示を行った事業者に対して課徴金納付命令が出される、いわゆる課徴金制度が導入されました。そこで、景品表示法の課徴金制度の概要と改正の背景、今後の展望について解説します。

消費者問題アラカルト バックナンバー

高齢者向け住まいを考える−契約を中心に−

 有料老人ホーム等の高齢者向け住まいの特徴を比較検討しながら、契約の注意点を解説します。

高齢者向け住まいを考える−契約を中心に− バックナンバー

世界の勧誘規制を知る

 世界のDo-Not-Knock制度(訪問勧誘拒否制度)を通じて、日本の勧誘規制を考えます。

  • 第12回 オーストラリア、アメリカのDo-Not-Knock制度[PDF形式](357KB)
    【執筆者】大* 巌生(弁護士)、カライスコス・アントニオス(京都大学大学院法学研究科准教授)
    注:*は、左部分が「さんずい」で右部分が「うかんむり」に「眉」の「目」の部分を「貝」とする文字です。

    今回からは、世界のDo-Not-Knock制度(訪問勧誘拒否制度)です。
    まず、オーストラリアとアメリカのDo-Not-Knock制度を紹介します。

世界の勧誘規制を知る バックナンバー

環境志向の消費生活考

 地球環境に配慮した持続可能な消費生活を営むために私たち消費者ができることは何かについて考えます。

  • 第6回 2Rの推進に向けての取り組み[PDF形式](371KB)
    【執筆者】小島 理沙(神戸大学経済学部非常勤講師、NPO法人ごみじゃぱん事務局長)

    循環型社会の実現のため、積極的な取り組みが求められている2R(リデュース・リユース)について、現在進められている活動を紹介します。

環境志向の消費生活考 バックナンバー

食品の安全・品質と表示を考える

 食品の安全性を科学的な視点で解説し、食品表示の見方や課題、「食品表示法」などを紹介します。

食品の安全・品質と表示を考える バックナンバー

海外ニュース

 海外の消費者問題にかかわる話題をお届けします。

  • 海外ニュース(2016年5月号)[PDF形式](553KB)
    • [イギリス]持続可能な食の未来を
    • [アメリカ]高圧洗浄機を安全に使うために
    • [ドイツ、オーストリア]吸引力は期待できないハンディ型掃除機
    • [ドイツ]ダイエットシェイクの宣伝に惑わされないで
    【執筆者】安藤 佳子、岸 葉子

海外ニュース バックナンバー

インターネットと上手につき合う

 インターネットを使うときに身に着けておきたい周辺知識を取り上げていきます。

インターネットと上手につき合う バックナンバー

消費者教育実践事例集

 2012年12月に消費者教育推進法が施行され、地域や学校における消費者教育に、より力を入れようという動きが広がっています。本コーナーでは現場で取り組まれている消費者教育の実践事例を紹介していきます。

消費者教育実践事例集 バックナンバー

キャッシュレス決済入門

 クレジットカード、電子マネーなど、国内で普及するさまざまなキャッシュレス決済について解説します。

キャッシュレス決済入門 バックナンバー

苦情相談

 消費生活センター等に寄せられた相談をもとに、問題点や解決方法について考えます。

苦情相談 バックナンバー

暮らしの法律Q&A

 暮らしの中の疑問について、法律の専門家が考え方のヒントを紹介します。

暮らしの法律Q&A バックナンバー

暮らしの判例

 消費者問題にかかわる判例を分かりやすく解説します。

  • 中古住宅売買での擁壁やブロック塀の瑕疵に関する売主と仲介業者の責任[PDF形式](601KB)
    【執筆者】独立行政法人国民生活センター

    仲介業者を通して中古住宅とその敷地を購入した買主が、土地の擁壁の耐震性が欠けていること、土地の境界であるブロック塀が隣地に越境していることなどの瑕疵(かし)があるとして、土地建物の前所有者らの瑕疵担保責任や仲介業者の債務不履行等を主張し、損害賠償を求めた事案を紹介します。

暮らしの判例 バックナンバー

誌上法学講座

 消費者問題にかかわる法律について、歴史や考え方などを解説します。

誌上法学講座 バックナンバー



注意事項

 ご使用の際は、次の注意事項をよく読んでお使いください。

 ウェブ版「国民生活」に掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は著作権の対象となっています。また、ウェブ版「国民生活」トップページおよび各誌面も、編集著作物として著作権の対象となっており、ともに日本国著作権法及び国際条約により保護されています。これらの掲載物につき、許可なく変更、改変することを禁じます。

 ウェブ版「国民生活」の内容の全部または一部について、国民生活センターの許可なく複製等することは禁止しています。ただし、同法で認められている私的使用のための複製、引用等を禁止するものではありません。



次号予告

 ウェブ版「国民生活」6月号(No.47)は、2016年6月15日(水曜)の掲載予定です!「特集」では「電気通信事業法の改正と消費者トラブル」を予定しています。また、「消費者問題アラカルト」では「新たな消費生活相談員資格制度」を取り上げます。



バックナンバー

内容別一覧

連載中

連載終了

発行月別一覧



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


研修・資料・相談員資格ページへ

ページトップへ