[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 国民生活センターについて > 国民生活センターの紹介 > 業務案内 > 出版物の紹介 > 2014年版 くらしの豆知識

[2014年3月19日:更新]
[2013年9月5日:公表]

2014年版 くらしの豆知識

  『くらしの豆知識』はくらしに役立つ幅広い分野の知識・情報をわかりやすくまとめたハンドブックです。

 毎年発行し、2014年版は42冊目となります。特集「ネット社会を生きる」をはじめ、内容をすべて最新の情報で新たに書き下ろしました。

 読みやすくイラストや図表を交え、知りたい項目がすぐ見つかるように分野別に1項目見開き2ページまたは1ページで構成しています。くらしの中の「知りたいこと」「確かめたいこと」の情報源としてご活用ください。


2014年版 くらしの豆知識表紙

2014年版 (B6判、264ページ)

2013年9月5日発売(地域によって多少遅くなる場合があります。)
定価514円(本体476円+税8%)


ご注文について

※「2014年版 くらしの豆知識」の訂正について


記事紹介

特集 ネット社会を生きる

掲載ページ写真
私たちの生活に浸透しているインターネット。とても便利な反面、ネットを利用した悪質商法や個人情報の流出などの問題も増加しています。そこで、あらゆる世代の方に参考にしていただける、ネットを利用するうえで気をつけたい様々な情報をわかりやすくまとめました。

急速に普及したスマホに関する主な相談事例とトラブル防止策をわかりやすく解説。

消費者トラブルにあわないための実用情報

掲載ページ写真
「よくわかる契約」では、すぐに役立つ消費者契約の基本知識を解説しています。また、「契約トラブル注意報」では、最近増えているトラブル事例とその注意点を満載しています。

クーリング・オフをする場合のチェックポイントをわかりやすく示しています。

セカンドライフもいきいきと安心に暮らすために

掲載ページ写真
「セカンドライフ、どう生きる」では、老齢年金の知識、エンディングノートの書き方、相続への備え、公的介護保険サービスの利用法など、セカンドライフの生き方についての情報をまとめました。

遺言書の方式をわかりやすく解説しています。

資料編も内容充実

掲載ページ写真
「資料編」には、12年度の消費生活相談の傾向、最近の消費者訴訟、環境関連のマークなどのほか、困ったとき、知りたいときに役立つ相談・問い合わせ機関リスト、都道府県・政令指定都市の消費生活センターの一覧などを掲載しています。

損害賠償制度のあるマークも紹介。

このほかにも情報満載

  • 「ペットとくらす」では、ペットを購入するときの注意点、ペットから人にうつる病気、ペット保険など、ペットを飼ううえで知っておきたい情報を紹介しています。
  • 「くらしのお財布ナビ」では、クレジット利用のポイント、借金を整理する方法、確定申告での還付、雇用保険の給付、高額療養費制度に関する知識のほか、医療保険や火災保険など、私たちのくらしを守る“お財布”に関する情報が盛りだくさんです。
  • 「消費者のための法と制度」では、消費者契約法、特定商取引法などの法律や、消費生活センターについてなど、消費者を守るための法律や制度をわかりやすく解説しています。
  • 「健やかなくらし」では、ロコモティブ症候群、インフルエンザ、ノロウイルスへの対策のほか、女性に特有のがんの検診、医薬品副作用の被害救済制度、禁煙治療など、健康に関することを幅広く取り上げました。
  • ボランティアに参加するとき、ストーカーにあったとき、DVから逃れたいときには、「こんな場合は、どうすれば?」をご覧ください。


目次



※「2014年版 くらしの豆知識」の訂正について(2013年10月17日掲載、2013年11月18日、2014年3月19日一部追加)

 本書に以下の誤りがありました。訂正とともにお詫び申し上げます。



国民生活センターの紹介トップページへ

ページトップへ