[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 以前から利用していたオンラインゲームが、突然、利用停止処分にされた

[2015年3月6日:公表]

以前から利用していたオンラインゲームが、突然、利用停止処分にされた

質問

 以前から利用していたオンラインゲームの運営業者から「利用規約に違反した」という理由で、突然、利用停止処分にされた。理由も教えてくれない。



回答

 まずは利用規約を熟読しましょう。その上で、不正ツールの使用や、ゲーム内での迷惑行為といった、疑わしい利用を行わないようにするしかありません。未成年のオンラインゲーム利用については、保護者が利用状況をしっかり把握しましょう。



解説

 携帯電話やスマートフォン上のゲームアプリも隆盛の今日この頃ですが、これらを含む、いわゆるオンラインゲームにおいて、「利用規約に違反する行為をした覚えがないにもかかわらず、突然アカウントを停止された」という相談をしばしば目にします。

 オンラインゲームでは、手間と時間とお金をかけて育ててきた、あるいは強化したキャラクターのデータが、アカウントごと消えてしまう、停止されてしまう等というものであり、結果、利用者にとって不利益となります。そのような場合でも、一切返金等の対応はしないと利用規約に定めている運営業者も多いのが現状です。

 突然の利用停止に対し、運営業者は「不正利用者に調査方法を明かすと対策を立てられてしまう」などの理由から、対応しない場合もありますが、対応に疑問を感じたらまずは運営業者に連絡を取り、説明を求めましょう。

 困ったときには、お近くの消費生活センターにご相談ください。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ