独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > オンラインゲーム

ここから本文
[2019年8月8日:更新]

オンラインゲーム

 スマートフォンやパソコン等を使ってインターネットを介して遊ぶ、オンラインゲームに関する相談が寄せられています。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2016 2017 2018 2019
相談件数 4,093 4,086 4,899 865(前年同期 704)

相談件数は2019年6月30日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

  • オンラインゲームで課金をしたがアイテムがもらえず再度課金した。課金した分のアイテムを付与してほしい。
  • 中学生の子どもが親に黙ってスマートフォンのゲーム代を携帯電話料金と一緒に支払う方法で決済していたと分かった。返金してほしい。
  • 小学生の子どもが自宅の現金を勝手に持ち出してプリペイド型電子マネーを購入し、オンラインゲームに課金していることが分かった。どうすればよいか。
  • 高校生の息子が親のクレジットカードを内緒で使用し、スマートフォンのオンラインゲームで高額な課金をしていた。対処方法が知りたい。
  • 小学生の息子が親のクレジットカードを無断で使用し、オンラインゲームで高額課金をしたことが利用明細から分かった。どうすればよいか。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報