[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > オンラインゲーム

[2018年4月27日:更新]

オンラインゲーム

 スマートフォンやパソコン等を使ってインターネットを介して遊ぶ、オンラインゲームに関する相談が寄せられています。

 規約違反を理由に一方的に利用を停止されたといったものや、事業者に苦情を申し入れても対応が悪いという内容も寄せられています。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2012 2013 2014 2015 2016 2017
相談件数 5,325 5,319 4,498 4,279 4,093 3,810(前年同期 3,806)

相談件数は2018年3月31日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

  • 息子が私のタブレット端末からゲームアプリに接続しクレジットカードで総額80万円もの課金をしたと分かった。請求を取消したい。
  • スマートフォンで無料のオンラインゲームをしていたが、課金直後に不正行為があったとしてアカウントが停止処分された。不正行為の覚えはなく、納得ができない。
  • スマートフォンのオンラインゲームを有利にすすめるためアイテムを入手したいがいくら課金しても入手できず納得できない。
  • オンラインゲームの電子くじで高額料金を支払い目当てのアイテムを入手した。しかし、その日のうちに仕様が変更となり目的の効果を得られないアイテムとなった。返金してほしい。
  • 長年パソコンで利用しているオンラインゲームのアカウントが突然利用停止された。ゲーム内通貨の残額等をどうすればよいか。
  • スマートフォンで5年間利用してきたオンラインゲームで大幅な内容変更がある。今までの課金が無価値になるので返金してほしい。
  • 小学生の息子がタブレット端末でオンラインゲームをしていたらカード会社から高額請求がきた。どうしたらよいか。
  • 目を離したすきに6歳の息子がオンラインゲームのコインを25回にわたり購入していた。購入を取り消したいが電話がつながらない。
  • 小学生の息子が自分のスマートフォンを無断で使用し、ゲームで課金をしてしまい、カード会社から50万円の請求を受けた。支払わずに済ませたい。
  • 小学生の息子が夫のお下がりのスマートフォンでゲームをして80万円も課金をしていたとわかった。支払いを免除して欲しい。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ