[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > オンラインゲーム

[2017年4月28日:更新]

オンラインゲーム

 スマートフォンやパソコン等を使ってインターネットを介して遊ぶ、オンラインゲームに関する相談が寄せられています。

 規約違反を理由に一方的に利用を停止されたといったものや、事業者に苦情を申し入れても対応が悪いという内容も寄せられています。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2011 2012 2013 2014 2015 2016
相談件数 3,510 5,631 5,932 4,851 4,277 3,802(前年同期 3,954)

相談件数は2017年3月31日現在(2015年度から経由相談の件数を除いています)

最近の事例

  • 息子が年齢を偽って妻のクレジットカードでオンラインゲームのアイテムを90万円購入していたと分かった。未成年者取消は可能か。
  • 小学年の息子がゲーム機でゲームをダウンロードし、親のクレジットカード番号を盗み見て課金していた。未成年者契約の取消をしたい。
  • クレジットカード会社からの連絡で小学生の息子がオンラインゲームで課金をしたことがわかった。どうしたらよいか。
  • スマートフォンのオンラインゲーム中にバッテリーが切れ今までのデータが消えた。データの復旧か課金した分を返金してほしい。
  • クレジットカード利用明細に覚えのないゲーム会社の課金があり、クレジットカード会社に申し出た。他にできることはないか。
  • 娘がスマートフォンを機種変更したのに、以前登録したゲームアプリ等から理由のわからない請求がある。クレジットカードを停止していいか。
  • スマートフォンのアプリでゲームの課金をしたがエラーが発生しアイテムが手に入らなかった。業者からの返答が無く不安だ。
  • 身に覚えのないオンラインゲームの利用料を信販会社に請求された。信販会社は調査すると言うが他にすべき事があれば知りたい。
  • スマートフォンのゲームの電子くじのキャラクター設定表示に誤りがあった。電子くじに2万円も費やしたので、返金してほしい。
  • スマートフォンのオンラインゲーム内で課金したところその後3回重複して決済された。返金処理が完了したと言うが返金されない。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ