[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > オンラインゲーム

[2016年10月28日:更新]

オンラインゲーム

 スマートフォンやパソコン等を使ってインターネットを介して遊ぶ、オンラインゲームに関する相談が寄せられています。

 規約違反を理由に一方的に利用を停止されたといったものや、事業者に苦情を申し入れても対応が悪いという内容も寄せられています。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2011 2012 2013 2014 2015 2016
相談件数 3,509 5,631 5,932 4,851 4,275 1,730(前年同期 1,616)

相談件数は2016年9月30日現在(2015年度から経由相談の件数を除いています)

最近の事例

  • スマートフォンのアプリでゲームの課金をしたがエラーが発生しアイテムが手に入らなかった。業者からの返答が無く不安だ。
  • 身に覚えのないオンラインゲームの利用料を信販会社に請求された。信販会社は調査すると言うが他にすべき事があれば知りたい。
  • スマートフォンのゲームの電子くじのキャラクター設定表示に誤りがあった。電子くじに2万円も費やしたので、返金してほしい。
  • スマートフォンのオンラインゲーム内で課金したところその後3回重複して決済された。返金処理が完了したと言うが返金されない。
  • スマートフォンのゲームアプリを起動しても黒い画面が出るだけで使えない。業者に改善を求めたが応じない。どうしたらよいか。
  • スマートフォンのゲームアプリがサービス終了となった。返金手続きがうまくいかず、メールも返答がない。
  • スマートフォンでオンラインゲームを利用している。マルチプレイをしていた仲間のせいでアカウントを停止されたが、課金したゲーム内通貨が残っているのでアカウントを復活してほしい。
  • 課金制のスマートフォンゲームで、期間限定キャラクターを高額で手に入れた翌日に恒常化すると発表された。納得できない。
  • スマートフォンのフリーマーケットアプリで個人からゲームのアカウントを買ったが、記載内容と違うものが来た。納得できない。
  • スマートフォンのオンラインゲームで、覚えのないアイテムの料金を請求された。ゲームアプリ会社は全く対応しない。納得できない。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ