独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > オンラインゲーム

ここから本文
[2018年11月9日:更新]

オンラインゲーム

 スマートフォンやパソコン等を使ってインターネットを介して遊ぶ、オンラインゲームに関する相談が寄せられています。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2015 2016 2017 2018
相談件数 4,280 4,093 4,077 1,881(前年同期 1,708)

相談件数は2018年9月30日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

  • 小学生の息子が親のクレジットカードを無断で使用し、オンラインゲームで高額課金をしたことが利用明細から分かった。どうすればよいか。
  • スマートフォンのオンラインゲームの電子くじで表示通りの確率で当たらなかった。確率表示のないものもあった。納得できない。
  • 中学生の息子が親である私の財布からお金を取りオンラインゲームに課金していた。ゲーム会社に返金を求められないか。
  • 息子が私のタブレット端末からゲームアプリに接続しクレジットカードで総額80万円もの課金をしたと分かった。請求を取消したい。
  • スマートフォンで無料のオンラインゲームをしていたが、課金直後に不正行為があったとしてアカウントが停止処分された。不正行為の覚えはなく、納得ができない。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報