[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 事故情報データバンク

[2010年4月1日:公表]

事故情報データバンク

事故情報データバンクとは

事故情報データバンクは、生命・身体に係る消費生活上の事故情報を関係機関から一元的に集約して提供するシステムで、事故の再発・拡大の防止に資する環境整備の一環として、消費者庁と独立行政法人国民生活センターが連携して、関係機関の協力を得て実施する事業です。

誰でも事故情報を自由に閲覧・検索することができます。



事故情報データバンクへの入り口

事故情報データバンク



関係機関

消費者庁、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、独立行政法人国民生活センター、全国の消費生活センター、日本司法支援センター、独立行政法人製品評価技術基盤機構



事故情報データバンクの事業内容についての問合せ先

消費者庁 消費者安全課 事故情報データバンク担当
電話:03-3507-8800(大代表)
電話応対時間:9時30分〜18時15分(土曜日曜祝日除く)

  • ※個別の事故情報についてのお問い合わせにはお答えできません。


相談事例・判例ページへ

ページトップへ