[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > オンラインショップで購入したカーテンの色が、注文時のイメージと違っていた

[2017年10月30日:公表]

オンラインショップで購入したカーテンの色が、注文時のイメージと違っていた

質問

 オンラインショップでカーテンを注文しました。届いてみたら、パソコン画面で見た色とは違うように感じます。ショップは注文通りの色だと言いますが納得できません。



回答

 オンラインショップなどの通信販売でカーテンを購入する場合、パソコン画面に表示されているデジタルデータは、実際の商品の色・柄のイメージと異なることがあります。「色が少し違う」等の理由でも返品できるかを、通信販売業者の広告やホームページで事前に確認しましょう。また、必要に応じて申し込み前にサンプル等で確認するなどし、納得してから購入しましょう。



解説

 インターネットを使った通信販売では、カタログがデジタル表示のため、実際の色・柄が自分のイメージしたものとは違う場合があります。カーテンなどは、実際の面積が大きなものになるため、デジタル表示の小さな画面だけでは、全体の色や柄のイメージがつきにくくなります。その結果、実際に商品が届いた際に注文時に考えていた色や柄と違うと感じることがあるようです。

 パソコンなどの画面の色合いは、個々のパソコンによって異なる場合があります。オンラインショップによっては、資料請求などで、無料のサンプルを取り寄せることができるところもありますので、色を確認するために利用するのもトラブル回避の一つの方法です。近くに事業者のショールームや販売店がある場合、そこで現物を確認するのもよいでしょう。

 インターネットを利用した買い物は、商品の種類や価格等が比較でき、さまざまな情報を収集できるなどの利点があります。一方でインターネット通販やテレビショッピングなどの通信販売にはクーリング・オフ(無条件解約)の制度はありません。ただし、通信販売業者が返品の可否、条件等について独自のルール(返品特約)を定め、表示している場合には、消費者はその範囲で返品が可能です。この場合、「気に入らなかった」「色のイメージが違う」等自己都合による理由でも返品できるか、事前に確認しておきましょう。

 なお、返品の可否、条件等が表示されていない場合は、商品到着後8日以内であれば、消費者自身が送料を負担することで返品することができます。

 お困りの際にはお近くの消費生活センター等(消費者ホットライン188)にご相談ください。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ