独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 相談事例 > 各種相談の件数や傾向 > 墓・葬儀サービス

ここから本文
[2021年3月5日:更新]

墓・葬儀サービス

 墓・葬儀サービスでは、「価格やサービス内容について十分な説明がない」「質素な葬儀を希望したのに高額な料金を請求された」などといった相談が寄せられています。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2017 2018 2019 2020
相談件数 1,305 1,309 1,230 635(前年同期 888)
葬儀サービス※
年度 2017 2018 2019 2020
相談件数 637 622 631 442(前年同期 413)

相談件数は2020年12月31日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

  • ※「葬儀サービス」は、葬儀業者が行う葬式のほか、火葬場、斎場、僧侶の依頼等葬式に関連する相談も含みます。

最近の事例

  • 付き合いの長い寺と永代供養の契約をしたが、管理が杜撰であり対応にも問題がある。
  • 母が霊園の墓地を購入した。高額だったのでキャンセルを伝えたが応じられないといわれ、納得できない。
  • 地震の影響で墓石が倒れたため、寺が指定する業者に補修を依頼したところ約30万円かかると言われた。高額なので他の業者に依頼したいが寺に認めてもらえない。

葬儀サービス

  • 葬儀を行ったが、契約代金よりも追加代金の方が高額だった。納得できない。
  • 一括サイトで葬儀場のパンフレットを取り寄せ、綺麗な建物の寺に申し込みをしたが、実際の葬儀場は写真と異なる古い寺で、パンフレットの写真は葬儀を行わない別の建物だとわかった。
  • 葬儀をしたが、合意していないサービスの料金を葬儀会社に請求された。支払義務があるのか。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報