[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 研修・資料・相談員資格 > 消費生活相談員資格試験・消費生活専門相談員資格認定制度

[2018年1月18日:更新]

消費生活相談員資格試験・消費生活専門相談員資格認定制度

消費生活相談員資格試験

 平成26年6月、消費者安全法が改正され、地方公共団体における消費生活相談体制を強化するために、消費生活センター等に事業者に対する消費者からの苦情に係る相談・あっせんに従事する消費生活相談員を置くこととし、消費生活相談員は、「消費生活相談員資格試験」に合格した者又はこれと同等以上の専門的な知識及び技術を有すると都道府県知事又は市町村長が認めた者から任用することとなりました。

 同法は、平成28年4月1日に施行され、当センターは登録試験機関として、平成28年度から「消費生活相談員資格試験」(国家資格取得のための国家試験)を実施することになりました。この試験は、相談現場に消費生活相談員として第一歩を踏み出す際に必要な基本的知識力とその活用能力を確認することを目的に実施します。

 なお、この試験は、これまで国民生活センターが実施してきた「消費生活専門相談員資格認定試験」も兼ねています。合格者には、「消費生活専門相談員」(更新制)の資格を当センターの理事長が認定します。

消費者安全法に基づく消費生活相談員資格試験の登録試験機関の登録について

問合せ先
独立行政法人国民生活センター資格制度室
03-3443-7855(直通)

平成29年度試験について

試験日及び受験申込受付期間 (申込受付は終了しました)

試験日
第1次試験
平成29年10月14日(土曜)全国20カ所
第2次試験
平成29年12月2日(土曜)札幌市、東京都(23区内)
平成29年12月9日(土曜)大阪市
平成29年12月10日(日曜)名古屋市、福岡市
受験申込受付期間
  1. 平成29年6月26日(月曜)〜7月28日(金曜)消印有効

受験要項(申込受付は終了しましたが、参考までに掲載します)

  • ※受験要項の配布は終了しました。

第1次試験 選択式及び正誤式筆記試験問題と正答・論文試験問題

  • ※消費生活相談員資格試験を受験された方の第1次試験の得点結果は、受験要項に記載している通り、受験者本人からの電話による問合せに限りお知らせいたします。問合せ受付期間は、平成30年1月9日(火曜)、10日(水曜)の10時〜12時、13時〜17時です。受験者確認のため受験番号が必要です。
    (問合せ先:資格制度室 03-3443-7855)

試験最終結果についてNew

 「平成29年度消費生活相談員資格試験」の試験結果を掲載します。また、「平成29年度消費生活専門相談員資格認定試験」の試験結果も併せて掲載します。なお、「消費生活専門相談員資格認定試験」は、平成28年度以降「消費生活相談員資格試験」を兼ねて実施しています。



消費生活専門相談員資格認定制度

 国民生活センターでは、平成3年から「消費生活専門相談員資格認定事業」を開始し、ほぼ四半世紀にわたり、約6,000名の資格認定を行い、消費生活センター等の相談窓口に勤務し、消費生活相談業務に従事している方のおよそ6割が「消費生活専門相談員」の資格を保有するに至っています。

 平成28年4月1日からは消費者安全法に基づく「消費生活相談員資格試験」制度が開始し、国民生活センターが「登録試験機関」に登録されたことにより、平成28年度より、国民生活センターが実施する「消費生活相談員資格試験」は、「消費生活専門相談員資格認定試験」を兼ねることになり、試験の合格者には「消費生活専門相談員資格」も同時に付与することになりました。

 「消費生活専門相談員資格認定事業」は、平成28年度以降も引き続き実施しますので、5年ごとの更新手続きが必要となります。


「消費生活専門相談員」資格保有者向け情報

 「消費生活専門相談員資格」は、5年ごとに更新が必要です。
更新手続きに関するお知らせ等を掲載します。



過去の試験問題・正答及び試験結果

試験問題・正答

 「消費生活相談員資格試験」 第1次試験の選択式及び正誤式筆記試験問題・正答及び論文試験問題を掲載します。なお、平成27年度以前については、「消費生活専門相談員資格認定試験」の過去問題を掲載します。


試験結果

 「消費生活相談員資格試験」の試験結果を掲載します。また、「消費生活専門相談員資格認定試験」の試験結果も併せて掲載します。なお、「消費生活専門相談員資格認定試験」は、平成28年度以降「消費生活相談員資格試験」を兼ねて実施しています。



各地の消費生活相談員の採用募集

更新日:2018年1月19日New



※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


研修・資料・相談員資格ページへ

ページトップへ