独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 「お試し」のつもりだったのに定期購入に!

ここから本文
[2020年1月10日:公表]

「お試し」のつもりだったのに定期購入に!

 極端に安くなっているインターネットの広告を見て、「お試し」のつもりでサプリメントや化粧品などを買ったら、実は数回購入しなければならない定期購入になっていることも。

 そんなトラブルを、インフルエンサー漫画家のフナカワさん(@funakawana)にマンガにしてもらいました。


マンガ

マンガepisode1.の画像。内容は「テキストでの説明」に記載しています。
episode1.「お試し」のつもりだったのに定期購入に!

テキストでの説明

  1. 自分が気になる商品が安く販売されているサイトの広告を見つけ、注文する
  2. その1カ月後、頼んでいないのにまた同じ商品が届いた
  3. 広告に書かれていた値段よりも高額な値段の請求書が届く
  4. サイトの広告を再確認すると、小さい字で定期購入コースであることが書いてあった

check it!

少しでも不安に思ったら

消費者ホットライン「188(いやや!)」番に相談してみよう!

  • ※最寄りの市町村や都道府県の消費生活センター等をご案内する全国共通の3桁の電話番号

本件連絡先 広報部

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について