独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 相談事例・判例 > 身近な消費者トラブルQ&A > インターネットで購入した「ダイエット商品」を試したが、まったく効果がない

ここから本文
[2020年6月23日:公表]

インターネットで購入した「ダイエット商品」を試したが、まったく効果がない

質問

 インターネットの「体に貼るだけでダイエット」という広告を信じ、ダイエット商品を購入しました。しばらく使ってみましたが、まったく効果がありません。誇大広告だと思うので放置したくないのですが、どうしたらよいでしょうか。

回答

 表示、広告と実際の内容が異なる、あるいは法律上認められていない効能効果をうたう商品については、それぞれ所管の行政庁に情報提供をしましょう。

解説

 痩身(そうしん)や美容効果をはじめ、商品やサービスの効果や性能について表示する場合、事業者は、表示の裏付けとなる合理的な根拠を持っていなければなりません。使用者の体験談やアンケート結果を用いる場合にも、客観性が確保されていることが必要です。

 実際の商品やサービスとかけ離れたうたい文句や誇大な表示があると、消費者の適切な選択が妨げられてしまいます。そのため、景品表示法では、うそや大げさな表示など、消費者をだますような表示を禁止しています。

 消費者庁では、景品表示法違反が疑われる情報の提供を受け付けています。

 また、健康食品等で医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)に基づく承認を得ず、医薬品のような効能効果を表示・広告に用いているケースについては、厚生労働省や都道府県が監視活動を行っています。

 お困りの際にはお近くの消費生活センター等(消費者ホットライン188)にご相談ください。

参考