独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 相談事例 > 身近な消費者トラブルQ&A > 代引きで身に覚えのない荷物が送られてきた

ここから本文
[2021年7月19日:更新]
[2019年6月27日:公表]

代引きで身に覚えのない荷物が送られてきた

質問

 インターネット通販会社から私宛てに代引きの荷物が届きました。私が不在だったので、家族が代金を支払い、荷物を受け取りました。開封して内容を確認すると、全く注文した覚えのない商品でした。返金してほしいのですが、どうしたらよいですか?

回答

 まずは通販会社に連絡を取り、事情を説明して返品や返金の対応を求めましょう。質問事例のように、心当たりのない荷物が代引きで届いたときは、受け取らず、代金を支払わないようにしましょう。また普段から、「誰が注文したかわからない荷物は受け取らない」などのルールを家族間で決めておきましょう。

解説

インターネット通販の代引きによるトラブル

 代引き(代金引換)とは、インターネット通販などで購入した商品の代金を、商品到着と同時に配送業者に支払い、引き換えに商品を受け取るサービスのことです。商品の到着を確認してから代金を支払うことができる便利なサービスですが、トラブルも起こっています。

 全国の消費生活センター等に

  • 代引きで何度も、身に覚えのない荷物が届いた
  • 何者かが私の名前を使って注文したと思われる商品が、代引きで届いた

などの情報が寄せられています。

もしも心当たりのない商品が届いた場合は

 以下の2点を確認しましょう。

  1. 本人に限らず、家族や友人を含めて本当に注文した覚えがないか
  2. インターネットショッピングで購入したにもかかわらず、届いていない商品はないか

 いずれにも当てはまらない場合には、下記を参考にして対処しましょう。

代引きで荷物が届いた場合

  • 商品の受取や支払いをしない。
  • 家族宛てなど、受け取るべきかその場で判断できないときは、すぐに支払いをせず配送業者(ドライバー)に事情を話して、荷物を一旦持ち帰ってもらう。

代引きで荷物を受け取ってしまった場合

  • 荷物の発送元に身に覚えのない商品であることを伝え、返品や返金の依頼をする。

 また、普段からの備えとして、通販を利用した場合は、代引き等の支払い方法も含め必ず家族に伝えるなど、家族間でのルールを決めておきましょう。

 なお、令和3年の特定商取引法改正により、注文や契約をしていないにもかかわらず、事業者が金銭を得ようとして一方的に送りつけた商品については、消費者は直ちに処分することができるようになりました。その場合、商品を開封・処分しても、消費者に支払い義務が生じることはありません。

 お困りの際にはお近くの消費生活センター等(消費者ホットライン188)にご相談ください。

参考