独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 相談事例・判例 > 身近な消費者トラブルQ&A > スマートフォンを操作していたら、最新スマホの当選通知が表示された

ここから本文
[2019年1月30日:公表]

スマートフォンを操作していたら、最新スマホの当選通知が表示された

質問

 スマートフォンの画面に突然「おめでとうございます。ギフトが当選しました」と通知が表示されました。1ドルで最新のスマホが買えると書かれており、住所、氏名、メールアドレス、クレジットカード番号の入力を求められています。本当に、スマートフォンを入手できるのでしょうか。

回答

 「スマートフォンが当たった」などの通知を見て、申し込みのためにクレジットカード情報等を入力したところ、スマートフォンは入手できず、身に覚えのないクレジットカードの請求を継続的に受けるようになったという相談が、全国の消費生活センター等に寄せられています。申し込みの前には必ず利用規約等を確認し、クレジットカード番号などの個人情報を安易に入力することは避けましょう。

解説

当選通知をきっかけとするトラブルが起こっています

 スマートフォンやパソコンの操作中に突然、スマートフォン等が当たったというポップアップ画面などが表示されることがあります。こうした表示にはさまざまな形式があり、例えば、「○分以内に申し込みをしないとギフトを受け取る権利がなくなる」と申し込みを急がせるものや、アンケートやクイズに答えさせるものなどがあります。

 画面表示に従って進むと、住所、氏名、メールアドレス、クレジットカードなどの情報を入力する画面が現れます。消費者はスマートフォン等を格安で入手できると思って個人情報等を入力しますが、実際には、主に海外の業者と継続課金のサービスを契約してしまいます。その後、業者からの登録完了メールや、クレジットカードの請求により、トラブルに気づくケースが多くみられます。

申し込む前に規約内容をよく確認しましょう

 業者のホームページ内で利用規約などをよく見ると、「○人のうち1人に当たる抽選に参加する権利」との表示があったり、継続課金のサービスであると書かれていたりします。表示を信用して、すぐに申し込み手続きを始めてしまうことは、トラブルの元です。個人情報、特にクレジットカードの情報を入力する前に、規約を確認するなど細心の注意を払うことが必要です。

 国民生活センター越境消費者センターのホームページでは、さらに詳しく、相談事例やトラブルにあった際のアドバイスを掲載しておりますので、あわせてご覧ください。

 お困りの際にはお近くの消費生活センター等(消費者ホットライン188)にご相談ください。