[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > オンラインゲームの「ガチャ」で欲しいレアアイテムが出ない

[2018年7月27日:公表]

オンラインゲームの「ガチャ」で欲しいレアアイテムが出ない

質問

 オンラインゲームのガチャを100回引きましたが、1%の確率で出るレアアイテムが、1回も出ませんでした。確率表記が間違っているのではないでしょうか。



回答

 多くのオンラインゲームの電子くじ(一般に「ガチャ」と呼ばれるもの)は、店舗等のカプセルトイ(一般に「ガチャガチャ」と呼ばれるもの)と仕組みが異なり、確率の計算方法も異なります。1%の入手確率のレアアイテムであったとしても、100回引いて少なくとも1回は当たる確率は約63%となり、4割弱の人は入手することができません。



解説

 オンラインゲームに関する相談がトラブルメール箱に多く寄せられており、その中でも「ガチャ」を引いたのに希望のアイテムが出ないという事例が多く見られます。

確率の表記について

 オンラインゲームの「ガチャ」の確率表記については、業界団体である一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)と一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)がガイドラインを定めています。例えばCESAのガイドラインでは、原則として「提供されるすべてのガチャアイテムの提供割合が分かる表示」をすることとされています。

確率の考え方

 多くのオンラインゲームの「ガチャ」は、店舗等の「ガチャガチャ」と仕組みが異なり、確率の計算方法も異なります。

 店舗等の「ガチャガチャ」は、目当てのおもちゃ等が100個中1個の割合で入っていた場合、1回引くごとに手に入る確率が増えていきます。つまり、目当てのおもちゃ等が出る確率は100分の1、99分の1…と変化します。そのため、100回行うと必ず1回は目当てのおもちゃ等を入手することができます。

 しかし、オンラインゲームの「ガチャ」については、そうでない場合が多く、何回引いても分母は変わらず、100分の1、100分の1…と常に同じ確率で推移します。そのため、アイテムの入手確率が1%の場合でも、必ずしも100回引けば1回当たるという訳ではありません。

 確率を計算する式は以下の通りで、本事例のようにレアアイテムの入手確率が1%であった場合、100回引いて入手できる確率は約63%となり4割弱の人は入手することができません。

確率の計算式:アイテムの入手確率がa%、引く回数がn回の場合

1 - ( 1 - ( a / 100 ) )n

【例】100回引いて、1%の入手確率のアイテムが出る確率( a = 1、n = 100 )

1 - ( 1 - ( 1 / 100 ) )100 = 1 - ( 1 - 0.01 )100 = 1 - 0.99100 = 1 - 0.366 …≒ 0.63

∴ 約63%

確率表示が間違っていると思ったら

 景品表示法は、商品やサービスの質や内容、価格等について、著しく有利または優良であると誤認をさせる表示を不当表示として禁止しています。そして、消費者庁では、そのような表示に関する情報提供の窓口として、景品表示法違反被疑情報提供フォームを設けています。

 上記の確率の考え方を基に考えたとしても、確率の表示に問題があると思った場合には、当該フォームに申し出ることも一つの方法です。

 情報提供を基に消費者庁が調査を行い、景品表示法違反だと判断した場合は、措置命令などの行政処分につながる可能性があります。

 お困りの際にはお近くの消費生活センター等(消費者ホットライン188)にご相談ください。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ