[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 時刻表通りの時間に来ないバス

[2018年3月28日:公表]

時刻表通りの時間に来ないバス

質問

 通勤での最寄り駅へのアクセスや、休日の移動に路線バスを使っています。混雑時間帯ではないのに予定時刻のバスが来ず、時刻表上の次の便まで待たされることがあります。また、時刻表通りの時間にバス停に着いているのにもかかわらず、すでに発車してしまっていたこともありました。とても困るのですが、問い合わせや苦情の申し出先はありますか?



回答

 路線バスは、道路を走行するため、交通混雑によって遅延したり、災害や悪天候、特殊な状況(イベント等)によって、やむを得ず計画的に減便(増便)したり、ルートや停留所の変更を行ったりすることがあります。

 また、バスの早発は道路運送法に基づいて定められた省令で禁止されています。もし早発があった場合は、バス会社に伝え、改善が見られないようであれば地域の運輸局担当部署「自動車監査官(旅客担当)」に申し出ましょう。



解説

 路線バスは、原則として、あらかじめ定められたルートを、時刻通りに運行する交通機関です。しかし、道路を走行するため、交通混雑によって遅延したり、災害や悪天候、特殊な状況(イベント等)の影響によって、やむを得ず計画的に減便(増便)したり、ルート変更や停留所の変更を行ったりすることがあります。

 また、主に乗務員が確保できないなどで、本来運行すべき本数を意図的に走らせない「間引き」や、本来走るべき終点まで行かず、途中で運行を終えてしまう「打ち切り」が起こることもあります。いずれも、天候不良など天災その他やむを得ない事由がある場合をのぞいて、バス会社は道路運送法ならびに関係法令に定められた手続きを経ずに行うことができません。天候不良などでバスが正常に運行しているか不安な場合、利用者はバス停での案内表示やホームページ、バス運転士のアナウンス等で運行内容に変更がないかを確認するとよいでしょう。バス会社に直接電話するのも一つの方法です。

 なお、バスが時刻表より早く出発してしまうこと(早発)は「旅客自動車運送事業運輸規則」(道路運送法に基づいて定められた省令)で禁止されています。もし早発にあった場合は、バス会社に苦情を伝え、改善が見られない場合は地域の運輸局担当部署「自動車監査官(旅客担当)」に申し出ましょう。連絡先は各地方運輸局のホームページで確認することができます。

 お困りの際にはお近くの消費生活センター等(消費者ホットライン188)にご相談ください。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ