[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 細かい粒子(スクラブ)入りの洗顔剤を使用したら目に異物が入り、痛くて取れない

[2017年1月30日:公表]

細かい粒子(スクラブ)入りの洗顔剤を使用したら目に異物が入り、痛くて取れない

質問

 スクラブ剤入りの洗顔剤で顔を洗顔しました。流水で流しているときに目が明かず、痛みを生じました。翌日になっても目がゴロゴロして開きません。どうしてでしょうか。



回答

 洗顔時にスクラブ剤が目に入り、流水でも取れなかったため、目に痛みを生じているのだと思われます。目をこすらないように気を付けましょう。眼科医を受診して目の異物を除去してもらうようにしましょう。



解説

 スクラブ剤入り洗顔剤は、洗顔剤の中の細かい粒子が顔の角質や皮脂の汚れなどを除去するものです。

 一方、国民生活センターでは、いわゆるスクラブ剤や火山灰を含む洗顔料の使用時に、目に異物が入ったという事故情報が寄せられたことから消費者に情報提供をしています。

 また、厚生労働省は国民生活センターからの情報提供を受けて、都道府県等を通じ、該当する製品の製造販売業者に対し、使用上の注意事項の記載を徹底することなどを求める旨の通知を出しています。

 細かい粒子入りの洗顔剤の注意欄には、目の周りには使用しない、使用時は目をつぶる、などが記載されています。

 流水でも異物が取れず、眼科を受診しているケースもあることから、使用時は目の周りには使用しないようにするなど、目に異物が入らないように気を付けましょう。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ