[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > もうかると言われたのにもうからないバイナリーオプション取引

[2016年10月26日:公表]

もうかると言われたのにもうからないバイナリーオプション取引

質問

 SNSで知り合った人から「必ず稼げる」とバイナリーオプション取引を行っている海外に所在する業者を紹介されました。メールで問い合わせるともうかる取引だと言われたので契約しました。何度か取引しましたがなかなかもうけが出ません。どうしたらよいでしょうか。



回答

 バイナリーオプション取引はリスクの高い取引で、必ずもうかるわけではありません。なお、このような取引は金融商品取引法に基づき業者は登録の義務がありますが、登録している業者でしょうか。最近は無登録業者との契約でトラブルになっているケースがみられます。登録の有無については金融庁のウェブサイトで確認することができます。



解説

 全国の消費生活センターには今回のようにSNSで知り合った人から紹介されて取引を始めたがもうからないなどといった相談が寄せられています。

 バイナリーオプション取引とは、為替相場等が上がるか下がるかを予想するもので、取引期間終了時(権利行使期限)に事前に定めた権利行使価格を上回った(または下回った)場合に、一定額の金銭(ペイアウト)を受け取ることができる取引です。

 予想がはずれると損失が出てしまい、短期間に何回も取引できるので、損失額が大きくなるおそれがあるので注意が必要です。

 海外の業者であったとしても、日本の居住者のためにまたは日本の居住者を相手方に、こうした取引を業として行う場合は、金融商品取引業の登録が必要となります。登録をせずに金融商品取引業を行うことは禁止されていますが、トラブルは海外の業者でしかも登録の確認ができていないケースでみられています。「必ずもうかる」などといった甘いセールストークはうのみにしないようにしましょう。

 お困りの際にはお近くの消費生活センター(消費者ホットライン188)にご相談ください。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ