[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 納車後すぐに不具合が起きた、ネットオークションで落札の中古車

[2015年4月6日:公表]

納車後すぐに不具合が起きた、ネットオークションで落札の中古車

質問

 ネットオークションで落札した中古車、納車後まもなくエンジンに不具合が発生しました。入札時はそのような情報が出ておらず、問題ではないでしょうか。



回答

 中古車は、見えない場所に思わぬトラブルや問題点を抱えているケースもあります。現物確認できない場合は、リスクを覚悟し、入札するか慎重に検討しましょう。



解説

 中古車に限らず、ネットオークションは「現物・現状渡し」を前提としているケースが多く、不具合が起きた時のアフターケアは期待できないことがほとんどです。

 基本的には、サイトに記載された条件や説明など、限られた情報だけで入札判断をすることになります。中古車に限らず、新品ではない場合、現物を確認できずに入札することは、品物が抱えている問題点やトラブルを確認できない、という大きなリスクが伴うことを認識する必要があるでしょう。

 展示・保存用途ではない乗用車であれば、使用(走行)は、即、自分自身と周囲の安全に関わる事態につながります。そのため、中古車については、構造・修理などのプロと共に現物確認をするくらいの慎重さが必要になるでしょう。

 トラブルが起きた時に備え、サイト上の説明や価格、出品者とのやり取りは記録として残しておきましょう。入札前に気になる点をあらかじめ質問し、出品者から回答を得ておくのも良いでしょう。トラブルの際は、早めに最寄りの消費生活センター等に相談してください。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ