独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 相談事例・判例 > 身近な消費者トラブルQ&A > カセットコンロを使用中、突然火が消えた

ここから本文
[2014年11月10日:公表]

カセットコンロを使用中、突然火が消えた

質問

 カセットコンロで鍋料理をしていたら、突然火が消えてしまいました。何が起きたのでしょうか。

回答

 カセットコンロの安全機能が作動し、ガスの供給が止まったと思われます。理由なく火が消える場合、安全のため、それ以上は無理に使わないようにしましょう。

解説

 カセットコンロは、卓上で鍋などが手軽にできる便利な商品ですが、火が出るバーナー部分とガスボンベをセットする場所の距離が近く、熱が伝わりやすくなっています。このケースでは、カスボンベの内圧が上昇し、安全機能が作動してコンロが停止したものと見られます。

 五徳に乗せる鍋やプレートがコンロを覆うほど大きい場合、熱がこもり、カセットコンロ本体や、取り付けたガスボンベが異常加熱され、ガスボンベの内圧が上昇し、爆発する恐れもあります。

 取扱説明書には、このほか

  • カセットコンロを並べて使用しない
  • ストーブのそばでは使用しない
  • カセットボンベは表示通りにセットする
  • メーカー指定のボンベを使用する

など、使用上の注意事項が記載されています。

 便利な器具も使い方を誤ると、楽しいはずの食事の時間が思わぬ悲劇になってしまいます。取扱説明書をよく読み、なくさないようにするとともに、注意事項を守るようにしましょう。

参考

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について