独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 相談事例・判例 > 身近な消費者トラブルQ&A > クレジットカード利用時に手数料を請求された

ここから本文
[2019年8月28日:更新]
[2014年2月4日:公表]

クレジットカード利用時に手数料を請求された

質問

 買い物でクレジットカードを使用したところ、代金にクレジットカード手数料を上乗せされて請求されました。支払う必要はあるのですか?

回答

 お店(加盟店)が消費者にクレジットカード手数料を負担させることは、クレジットカード会社との加盟店契約の規約によって禁止されていることがあります。請求された場合はクレジットカード会社に確認しましょう。

解説

クレジットカード手数料とは

 クレジットカード手数料(加盟店手数料)とは、クレジットカードが使えるお店(加盟店)が、加盟店契約を締結しているクレジットカード会社に支払う手数料のことです。

 加盟店は、クレジットカード会社と加盟店契約を結んでおり、日本国内のカード会社では、会員がカードを提示して取り引きを求めた場合、現金取引を行う顧客と異なる代金を請求してはならないことを、加盟店側の守るべき規約で定めていることがあります。

 このような場合、商品やサービスの代金として表示している価格とは別に、クレジットカード手数料を消費者に対して求めることは、加盟店規約違反になる可能性があります。

クレジットカード手数料を請求されたときは

 クレジットカード手数料を請求された場合、その場で手数料の根拠を確認し、利用したカードの裏面に記載されているカード会社に問い合わせましょう。

 また、決済時に、支払いの内訳(明細)を求め、カード手数料が盛り込まれて決済されたという記録を残し、後で利用したカード会社に確認するという方法もあります。

お困りの際にはお近くの消費生活センター等(消費者ホットライン188)にご相談ください。