[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 無制限のはずなのに補償されない自動車保険

[2013年12月26日:公表]

無制限のはずなのに補償されない自動車保険

質問

 交通事故で相手方自動車を破損してしまったので、自動車保険の対物賠償で補償しようとしたら「時価額までの補償」と言われ、修理費全額は支払われませんでした。対物賠償の補償額は無制限にしていたのに納得できません。



回答

 原則、自動車保険の対物賠償は、事故発生時の時価額が上限です。



解説

 対物賠償の保険金額が「無制限」というのは、損害賠償責任を負担する範囲内の金額を無制限で補償するという意味であり、通常は事故発生時の時価額が上限です。損害賠償責任が及ばない、時価額を超えた部分の修理費等は対象外になります。

 このような場合に備え、時価額を上回る超過修理費も補償できる特約や保険商品等を扱っている保険会社もあるようです。

 また、最近では、ネットから簡単に比較検討し、契約できる自動車保険も多くありますが、この場合は契約や特約の内容について、自分で確認しなければなりません。補償範囲等をしっかり理解した上で契約するようにしましょう。



参考



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ