[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 送った覚えのない宅配物の届け先を確認するメールが宅配会社から来た

[2013年7月30日:公表]

送った覚えのない宅配物の届け先を確認するメールが宅配会社から来た

質問

 「宅配物を相手先へ届けたが、宛先不明なため保管中である」旨のメールが届き、URLへアクセスするよう書かれているが信用できるの?



回答

 架空請求やフィッシング詐欺への誘導メールの可能性があります。不用意にリンク先へはジャンプしないようにしましょう。



解説

 大手宅配業者の名前を騙(かた)って「配達物の送り先が不明であったため保管中である」「お客様宛の配送物を預かっているが配送先の確認を取りたい」といったメールが送られることがあるようです。

 メールには、えてして「受取主や送付先の確認のため、添付されたURLをクリックするように」などの案内があり、結果として「URLをクリックして身に覚えのない料金請求が来て困る」という相談が増加しています。

 最近、宅配業者のサイトで配達状況を確認できたり、集荷日や配送日の指定ができるなど、便利になっていますが、基本的に各宅配業者独自の会員サービスに加入することで利用できるものとなっており、不特定多数に送られてくるメールとは異なります。

 もし、問題のメールを開いてしまい、URLをクリックしても、即座に請求費用などを支払う必要などはありません。身に覚えが無いのに宅配業者と思われるメールが届いた場合、まずは、メール発信元からの着信拒否設定をするなど、冷静に対応しましょう。それでも、不明・不安な点がある場合は、心当たりのある宅配業者に問い合わせたり、お近くの消費生活センターに相談しましょう。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ