独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 相談事例・判例 > 身近な消費者トラブルQ&A > 歯科インプラント治療で思わぬ被害

ここから本文
[2013年4月12日:公表]

歯科インプラント治療で思わぬ被害

質問

 歯並びを整えるためインプラントを行いたいと考えていますが、注意することはありますか?

回答

 術後に問題が起こると、回復までは長期の治療を要し、困難を伴うケースも寄せられています。施術の前に、十分に情報収集し、慎重に検討しましょう。

解説

 歯科インプラントは、今のところ公的医療保険が適用されない自由診療であり、総じて費用が高額です。また、口腔(こうくう)内の状態は人によりさまざまで、思うような治療が行えないこともあります。

 自身でも情報収集を行い、治療中の身体的負担等を含め、歯科医師から、事前によく説明を受けましょう。

 歯科インプラントを入れた後は、適切なケアを継続的に行わないと、多くの合併症を誘発することもあります。医師の指導の下、口腔清掃を欠かさず、定期的な検診も受けましょう。

 施術に関連していると思われる身体上の問題が発生した場合、その治療・回復に至るまでが比較的長期にわたることもあります。他の歯科医によるセカンドオピニオンや、自治体の医療相談窓口、必要に応じて弁護士による法律相談を利用し、その後の対応を検討することになります。

参考