[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 防水機能付のスマートフォンなのに、水没扱いで有償修理にされた

[2013年4月2日:更新]
[2012年11月21日:公表]

防水機能付のスマートフォンなのに、水没扱いで有償修理にされた

質問

 購入から半年で故障したので修理に出した。保証範囲で無償対応されると思っていたら、防水機能を有している機種なのに水濡(ぬ)れサインが認められたと言われ、水没扱いの有償修理になった。納得いかない。



回答

 防水機種とはいえ、完璧な密閉状態にあるわけではありません。水分はどこからでも浸入するので注意が必要です。



解説

 スマートフォンや携帯電話は、シャツやズボンのポケットに入れているだけで、汗などの水蒸気により、電池収納部などに見える”水濡れ判定シール”が反応することがあります(ピンク色ににじむ、等)。こうなると、多くは水濡れや水没として扱われ、有償修理になることが多いようです。

 本体には、端子部分や電池パックのふたなどの開口部があり、そこから水分が浸入することもあります。特にふたは、一度開けたら、防水パッキンにゴミやほこりが付いていると考えたほうがよく、微細なゴミでも密閉状態を妨げ、水分が浸入しやすくなるので注意が必要です。これは、防水機種とうたっているものも例外ではありません。

 防水機種とされるものの多くは、現実的には水しぶきや、わずかな水滴がかかるのを防ぐ程度であり、暴風雨の真っただ中や、お風呂で使うことは、水没と同じ使い方と言えるでしょう。メーカーのWebサイトからは、オンラインで取扱説明書のダウンロードができるので、防水性能に関する情報や取り扱いの注意事項を入手して、確認しましょう。防水機能を過信せず、濡らさないようにするほうが安全です。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ