独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 相談事例・判例 > 身近な消費者トラブルQ&A > 解約済みのクレジットカードに請求が届いた!

ここから本文
[2015年12月24日:更新]
[2012年11月21日:公表]

解約済みのクレジットカードに請求が届いた!

質問

 インターネットの通信販売サイトの年会費支払い用にクレジットカードを使っていました。クレジットカードを解約したはずなのに、カード会社から通信販売サイトの年会費の請求が来ました。クレジットカード会社の会員規約には、「退会後においても、カードを利用したときは支払いの責を負う」と記載がありますが、納得がいきません。

回答

 会費などの定期的な支払い先としてクレジットカードを登録している場合は、クレジットカード自体を解約しても、解約後の請求先の変更をしない限り、支払い先として登録したクレジットカード会社から会費などの料金を請求されることになります。このようなことは多くのクレジットカード会社の会員規約に記載されています。解約前に会員規約を確認するようにしましょう。

解説

 クレジットカードを解約する際は、会費や公共料金の引き落とし、携帯電話やインターネットなど通話・通信料のなど、定期的・継続的な支払いにクレジットカードを利用していないか確認し、利用している場合は解約前に請求先の変更をするようにしましょう。また、クレジットカード会社によっては、定期的な支払項目が残っていると、解約処理が進められないケースもあります。

 一方、利用中のクレジットカードをゴールドカード等に切り替える場合も、カード番号と有効期限が変更になることから、これまでのカードを解約して別のカードを新しく契約するときと同様に、請求先の変更が必要となるケースがほとんどです。クレジットカードの切り替えに関する説明書やカード会社のウェブサイトをよく確認し、必要に応じて請求先を変更しましょう。