[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 自分が一番使いたい場所でモバイル無線ルーターが使えない

[2016年1月19日:更新]
[2012年2月1日:公表]

自分が一番使いたい場所でモバイル無線ルーターが使えない

質問

 モバイル無線ルーターの契約をした。契約前に、自宅がサービス提供エリア内であることを確認して契約したのに、自宅の一部の場所でしか通信できません。購入時に渡された重要事項説明同意書には「サービス提供エリア内であっても、電波の届かないところでは利用できない」旨が記載されていて、確かにその同意書にサインしましたが、納得できません。



回答

 モバイル無線ルーターに限らず、携帯電話やスマートフォンは、通信会社のサービスエリア地図で圏内であっても、電波の届きにくい場所や、地下などでアンテナが設置されていないような場所では、通信できないことがあります。

 契約前に想定している主な使い方を示した上で、入念に電波の通信状況を確認することをお勧めします。

 通信会社や営業店によっては、機器の体験貸し出しを行っているところもあります。自分が使用する可能性がある場所の通信状況を契約前に確かめることにより、納得して契約することができます。一度契約をすると、一定期間内の解約には解約料がかかることが多いので、契約プランの内容も含め、慎重に検討してください。

 トラブルの際は、お近くの消費生活センター等にご相談ください。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ