[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 「通話は無料」のはずなのに、特定の番号は対象外だった!

[2016年1月19日:更新]
[2011年10月18日:公表]

「通話は無料」のはずなのに、特定の番号は対象外だった!

質問

 どこへかけても定額料金以外の通話料金はかからないというスマートフォンの料金プランに加入しています。先日、特定の番号から始まるダイヤルに電話したとき、「1分間に20円の通話料がかかります」のガイダンスは流れましたが、「通話は無料」だと思っていたのでそのまま利用しました。ところが、その月の請求額が通常よりも高かったので利用明細を確認したところ、特定の番号への通話は定額の対象外だとわかりました。この仕組みを知らない方が他にもいるのではないでしょうか。



回答

 特定の番号から始まるダイヤルサービスの通話料など、定額料金プランの対象外となっているケースがあります。定額料金プランの対象外となっている通話先などがないかウェブサイトなどで利用条件をよく確認しましょう。



解説

 携帯電話やスマートフォンの料金プランには、他社の携帯電話や固定電話への通話を基本料金のみの定額で利用できるものがあります。しかし、一定の番号から始まり、発信地を問わず通話料が一定になるダイヤルサービス(例:0570から始まるナビダイヤルや、0180から始まるテレドーム等)の通話料のほか、携帯電話会社が電話番号や利用条件を定め、定額料金プランの対象外としている場合があります。

 この場合、定額料金プランに加入していても、ダイヤルサービス会社が定める通話料が別途かかりますので、注意が必要です。

 このような定額料金プランの対象外の電話番号は、携帯電話会社のウェブサイトにも表示されていますので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。携帯電話会社においても、定額料金プランの料金対象外のケースについてわかりやすく表示することが求められます。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ