[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > メールでよくある情報提供と回答 > 無料で不用品を引き取ってもらえるはずが、高額請求された

[2010年3月26日:公表]

無料で不用品を引き取ってもらえるはずが、高額請求された

質問

 自宅に投入されたチラシには無料でパソコンを引き取ると書かれていたので、回収を依頼した。ところが3万円かかると言われた。



回答

 パソコンについては資源有効利用促進法によりメーカーによる回収・リサイクルが義務付けられています。2003年10月以降販売されたPCリサイクルマークがついている家庭向けのパソコンは、回収・リサイクル料金を負担する必要はありません。メーカーの窓口に問合せて手続を行ってから、最寄りの郵便局に持ち込むか、郵便局に集荷を依頼してください(大きさ、重量を超える場合には差額が発生する場合があります)。

 また、2003年9月以前に販売されたパソコンは、回収再資源化料金を負担する必要があります。

 なお、エアコン、テレビ、冷凍庫、冷蔵庫、洗濯機は家電リサイクル法により、原則、販売業者等に引取りを依頼します。その際、収集・運搬・リサイクル料金がかかります。

 また、粗大ゴミや不用品などの一般廃棄物の収集、運搬は市区町村の許可を受けた事業者にしかできません。許可を受けている業者かどうか、市区町村に確認してください。 安易に不用品回収業者に処分を依頼すると高額な請求を受けたり、不法投棄につながることもあり、トラブルのもとです。十分注意してください。

 自治体による粗大ゴミの回収を希望する場合は、居住する市区町村のルールに従って回収されますので、市区町村へ問い合わせてください。

 パソコンのリサイクルについては一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページをご覧ください。

 また、家電リサイクル法の詳細については財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センターのホームページをご覧ください。



メールでよくある情報提供と回答トップページへ

ページトップへ