独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 相談事例・判例 > 身近な消費者トラブルQ&A > 個人情報の利用目的があいまいで何に使われているかわからない

ここから本文
[2017年6月19日:更新]
[2009年11月5日:公表]

個人情報の利用目的があいまいで何に使われているかわからない

質問

 契約の際に求められた複数の提出書類に書いた個人情報が何に利用されるのか、事業者のホームページの記述や個人情報の同意書の記載内容を見てもよくわからない。

回答

 個人情報保護法上、個人情報取扱事業者(注)が契約書や書面で個人情報を取得する場合には原則として、あらかじめ本人に対して、個人情報の利用目的をできるだけ具体的に明示しなくてはなりません。また、個人情報取扱事業者でなくとも個人情報保護法に沿った対応が求められます。

 消費者は、自分の個人情報を業者に提供する前に個人情報の利用目的を確認し、不明確な場合には説明を求めることが重要です。

  • (注)個人情報を紙面やパソコンで名簿化するなど、データベース化して事業活動に利用している者。なお、2017年5月30日施行の改正個人情報保護法によって、施行前までは同法の義務を負っていなかった事業者(取り扱う個人情報の数が5,000人分以下の事業者)も「個人情報取扱事業者」として、同法の義務を負うこととなりました。