[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > 中古自動車

[2018年8月3日:更新]

中古自動車

 中古自動車に関する相談は、購入の際のトラブルのほか、中古車買取業者に売却する際のトラブルもみられます。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2015 2016 2017 2018
相談件数 7,422 7,598 7,229 1,360(前年同期 1,395)

相談件数は2018年6月30日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

  • 新古車を購入したが、納車予定日の遅れ、オプションについての説明不足など対応に不満がある。契約金額の減額等の対応を求めたい。
  • インターネット通販で中古車を購入した。屋根の塗装が剥がれ、ゆがみなどの不具合が見つかったので、解約し返金してほしい。
  • 中古車を売却しようと複数店で見積もりを取り、売却を決めた。後日、業者から買い取り価格の値下げを告げられ、納得できない。
  • 数年前に購入した中古の軽自動車のメーターが改ざんされていた事を最近知った。契約を取り消せるか。
  • 中古車購入直後からエンジンに不具合が生じ、1日で動かなくなった。業者に修理すれば直るが修理代は負担するように言われ、不満だ。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報.

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ