独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 相談事例 > 各種相談の件数や傾向 > 多重債務

ここから本文
[2021年3月5日:更新]

多重債務

 2006年に貸金業法が改正されましたが、多重債務の相談は依然として寄せられています。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2017 2018 2019 2020
相談件数 26,439 25,333 23,616 13,415(前年同期 15,638)

相談件数は2020年12月31日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

  • 消費者金融からの借金の返済ができず、裁判所から通告書が届いている。今までにいくら借りているのかよくわからない。どうしたらよいか。
  • クレジットカードの支払方法が、知らないうちにリボ払いになっていた。残債が高額で返済困難だ。
  • 消費者金融の借金が返済できず任意整理中だが、最近はスマートフォンのQRコード決済やバーコード決済をつい使いすぎてしまう。どうしたらよいか。
  • 消費者金融などに借金があり、返済のために国民健康保険料を滞納したら給料を差し押さえられた。口座残高が0円となり生活できない。
  • 娘がクレジットカードで買い物を繰り返し、支払が困難なようだ。どうしたらよいか。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報