[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > 多重債務

[2018年8月3日:更新]

多重債務

 2006年に貸金業法が改正されましたが、多重債務の相談は依然として寄せられています。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2015 2016 2017 2018
相談件数 29,199 26,062 26,259 4,538(前年同期 4,815)

相談件数は2018年6月30日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

  • 息子には以前から借金癖があり、現在もサラ金等に100万円以上の借金がある。各社から督促状や電話があるが対処法を知りたい。
  • 銀行のカードローンで借金を繰り返した。借入額が高額になり返済しきれない。債務整理をするには、どうしたらよいか。
  • 複数社に多額の借入れがあり、現在弁護士に相談中だが、借入先のうちの1社の督促がひどく、自宅まで取り立てにくる。止めてもらいたい。
  • 奨学金の返済に加えて、自動車のローン、資格学校の授業料、キャッシング利用等で債務が膨らんでしまい返済が苦しい。どうしたらよいか。
  • 息子が不動産業者から誘われて投資用マンションを3室も契約し、高額なローンを組んでいる。どうにかやめさせたい。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ