独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > 引っ越しサービス

ここから本文
[2019年8月2日:更新]

引っ越しサービス

 引っ越し荷物を運ぶ「引っ越しサービス」に関する相談では、作業中に荷物を破損・紛失されたといった相談や、料金に関する相談などがみられます。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

年度 2016 2017 2018 2019
相談件数 2,358 2,241 2,344 420(前年同期 464)

相談件数は2019年6月30日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

  • 引っ越し業者に洗濯機を破損され使用できなくなってしまった。弁償額を告げられたが金額に納得できない。
  • 海外から日本に引っ越すため、引っ越し業者に梱包した荷物を預けたが、一部の荷物が届かなかった。荷物を届けるか紛失品の賠償をしてほしい。
  • 引っ越し業者に日程変更の依頼をした後、連絡が取れなくなった。どうすればよいか。
  • 引っ越しの際、トラックの助手席でテレビが運ばれ、液晶画面に傷が付いた。業者に弁償を求めたが、作業は適切だったと言って応じない。
  • 引っ越しの見積もりを頼んだら業者が段ボールを置いていった。後日契約を断ったところ、段ボールの返送料を請求された。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報