独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 相談事例 > 各種相談の件数や傾向 > 健康食品の危害

ここから本文
[2021年8月20日:更新]

健康食品の危害

 健康食品に関連した危害情報が多く報告されています。スマートフォンからサプリメントを定期購入で申し込んだが、摂取後に体調不良が生じたため解約を申し出たが、拒否されて不満であるなどの定期購入に関する相談が多く見られます。特に、消化器障害、皮膚障害に関する相談が目立ちます。

PIO-NETに登録された相談件数の推移

年度 2018 2019 2020 2021
相談件数 1,800 3,931 3,530 264(前年同期 817)

相談件数は2021年6月30日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

消化器障害に関する相談

  • 高麗人参のサプリメントを注文し、服用したところ、倦怠感におそわれたので病院で診察を受け、肝機能が低下していることがわかった。さらに、注文していないのに同じサプリメントが追加で届き、返品も受けてもらえず困っている。
  • 定期購入でお試し価格のダイエットサプリメントを注文したが、1袋を飲んだところ、下痢が続き体調を崩してしまった。解約保証期間を過ぎていたが、いつでも解約できると記載があったので解約を申し出ると、高額な解約料を請求され納得できない。

皮膚障害に関する相談

  • 動画投稿サイトの広告を見て数百円の筋肉増強サプリメントを購入した。飲むと発疹が出たので解約を申し出たところ、4回の定期購入が終了するまで解約できないと言われたがすぐに解約したい。

その他の症状

  • インターネットで定期購入の生酵素サプリメントを申し込んだが、喉がイガイガするなどアレルギー症状が出て飲めないので解約したい。
  • カキエキスなど亜鉛含有の健康食品を2種類服用していたら、めまいに悩まされるようになった。亜鉛の過剰摂取は貧血になるらしいが、1種には亜鉛の含有量の記載がない。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報