独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 相談事例 > 各種相談の件数や傾向 > 訪問購入

ここから本文
[2021年8月20日:更新]

訪問購入

 「不用品や和服の買い取りのはずが貴金属を買い取られた」といった相談が寄せられています。

PIO-NETに登録された相談件数の推移

年度 2018 2019 2020 2021
相談件数 6,603 5,220 6,003 1,301(前年同期 1,075)

相談件数は2021年6月30日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

最近の事例

  • 突然、不要なアクセサリーを買い取ると業者が訪問してきた。50点以上の指輪やネックレス等を安価で買い取られたが、返してほしい。
  • オーディオの査定を依頼した買取業者から勧誘され、自転車、ブランド時計、テレビ等を売却した。査定額が安すぎたと思うので解約したい。
  • 不用品買取業者から、「何でも買い取る」と電話勧誘を受け、来訪を承諾して住所を伝えたが後から心配になり断りたい。どうしたらいいか。
  • 高齢の母宅に業者から電話があり、その後訪問して貴金属類を安価で買い取って行った。母はクーリング・オフしたいと言っている。
  • 高齢独居の父宅に不用品を買い取るという業者から電話があり、明後日来訪されることになった。不審なので断り方を相談したい。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報