[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > 出会い系サイト

[2015年6月30日:更新]

出会い系サイト

 パソコンや携帯電話などでの、いわゆる出会い系サイトに関する相談が寄せられています。意図せず出会い系サイトに入り、料金を請求されるケースや、サイト利用経験者が二次被害にあうケースが目立ちます。

 また、「お金をあげる」「簡単に高収入」など、利益が得られることをうたった広告から出会い系サイトに誘導されるケースも見られます。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

出会い系サイト全体

年度 2010 2011 2012 2013 2014 2015
相談件数 28,564 26,427 21,144 13,894 13,119 1,123(前年同期 1,332)

上記相談のうち収入や利益が得られる等と誘導された「利益誘引型※」

年度 2010 2011 2012 2013 2014 2015
相談件数 5,402 6,277 5,368 3,786 3,969 373(前年同期 391)

相談件数は2015年5月31日現在(2015年度から経由相談の件数を除いています)

  • ※“出会い系サイト”に関する相談のうち、「お金をあげる」「収入が得られる」等といわれ、利益を得ることを目的にサイトを利用したことで生じた利用料金トラブル。

最近の事例

  • 女性からメールが来て、ブログ内でやり取りするために必要ということで、出会い系サイトに誘導され、登録してしまった。なかなか退会できず、どうすれば退会できるのか分からない。
  • 携帯電話に女優志望の女性からメールが届き、出会い系サイトでやり取りする中で「お金をあげる」と言われた。お金を受け取るため、サイト業者に私の住所、名前、銀行口座を伝えたが心配だ。悪用されないだろうか。
  • 仕事紹介サイトで「1,000万円の収入になる」という仕事を見つけた。登録したら出会い系サイトだった。サイトに約30万円以上払ってしまったが、詐欺だろうか。
  • SNSの広告を見て副業サイトに登録した。高収入の男性会員とメール交換をすることでお金がもらえるはずだったが、メール交換の費用として合計7万円以上振り込んでしまった。どうしたらよいか。
  • スマートフォンの掲示板サイトで、「8000万円をあげる」と言われた。相手とやり取りするための費用として、電子マネーで数回ポイントを購入し支払ったが、大金をもらえなかった。支払った金額を返してほしい。
  • 見知らぬ女性からメールが届き、「親に見られたくないから」と出会い系サイトに登録してやり取りすることになった。「アドレス交換するために10万円必要」と言われ、サイトの口座に振り込んだ。さらに20万円を請求され、払わずに操作したら「親に連絡する」と脅された。保険証の写真を送ってしまっているが、どうしたらよいか。
  • 携帯電話の出会い系サイトに登録し、クレジットカードで決済していた。ポイント代が高額になり、退会を申し出たが、さらにポイントを購入するよう回答され退会できない。さらにログインすると、それから7日間は退会できないことがわかった。クレジットカードを登録していて心配だ。どうしたらよいか。
  • 現在休職中で、副業サイトと思い登録したのが、出会い系サイトだった。相手から現金を受け取るため、ポイント購入のための費用を払ったが、約束が守られず不審だ。返金してほしい。
  • 大手婚活サイトで知り合った相手から、出会い系サイトに登録してやり取りするよう求められた。認証解除の手続きのためとして、80万円以上の料金を請求され支払った。しかし、相手の顔写真やプロフィールが複数のサイトで見つかり、だまされたと気づいた。返金してほしい。
  • スマートフォンで広告メールに書かれていた抽選に応募し、商品券が当たったので返信したら出会い系サイトに登録された。どう対処すべきか。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ