[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > 出会い系サイト

[2017年10月27日:更新]

出会い系サイト

 パソコンや携帯電話などでの、いわゆる出会い系サイトに関する相談が寄せられています。意図せず出会い系サイトに入り、料金を請求されるケースや、サイト利用経験者が二次被害にあうケースが目立ちます。

 また、「お金をあげる」「簡単に高収入」など、利益が得られることをうたった広告から出会い系サイトに誘導されるケースも見られます。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

出会い系サイト全体
年度 2012 2013 2014 2015 2016 2017
相談件数 21,155 13,908 13,236 11,198 9,596 3,582(前年同期 4,003)
上記相談のうち収入や利益が得られる等と誘導された「利益誘引型※」
年度 2012 2013 2014 2015 2016 2017
相談件数 5,371 3,792 4,013 3,333 2,642 897(前年同期 1,046)

相談件数は2017年9月30日現在(2015年度から経由相談の件数を除いています)

  • ※“出会い系サイト”に関する相談のうち、「お金をあげる」「収入が得られる」等といわれ、利益を得ることを目的にサイトを利用したことで生じた利用料金トラブル。

最近の事例

  • スマートフォンの出会い系サイトで20万円もクレジットカードで決済してしまった。騙されたと思うので返金を望む。
  • 出会い系サイトから求められ本人確認資料として運転免許証をデータで送った。個人情報を拡散されたり借金されたりすると困る。
  • スマートフォンで無料の出会い系サイトに登録した。高額な料金が発生するようなのでやめたが個人情報を知られたので心配だ。
  • 中高年向けの出会い系サイトを退会しようとしたら、事務局から相手にかかった費用を払えというような通知が来た。放置してよいか。
  • スマートフォンで副業として登録したサイトが出会い系サイトだった。不審なので利用をやめたが、返金は可能か。
  • スマートフォンの出会い系サイトに登録し連絡先交換のため料金を払った。さらに今5万円の請求を受けている。請求書が来るか。
  • 優良出会い系サイトとあったので登録し、ある女性と知り合ったが別のサイトに誘導され、その後悪質なメールが頻繁に届き不安だ。
  • 出会い系サイト利用後、新たなタブレット端末に乗り換えてしまい利用履歴と利用額を確認できない。不正請求が心配だ。
  • スマートフォンの出会い系アプリから別の出会い系サイトに誘導され、異性と連絡先を交換するため高額な料金を支払った。返金してほしい。
  • 出会い系サイトの3日間試し登録をしたら、その後1カ月間の自動更新をされてしまった。退会したいが方法が分からない。対処法はあるか。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ