[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > 出会い系サイト

[2014年12月1日:更新]

出会い系サイト

 パソコンや携帯電話などでの、いわゆる出会い系サイトに関する相談が寄せられています。意図せず出会い系サイトに入り、料金を請求されるケースや、サイト利用経験者が二次被害にあうケースが目立ちます。

 また、「お金をあげる」「簡単に高収入」など、利益が得られることをうたった広告から出会い系サイトに誘導されるケースも見られます。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

出会い系サイト全体

年度 2009 2010 2011 2012 2013 2014
相談件数 33,487 28,543 26,421 21,138 13,879 6,800(前年同期 7,343)

上記相談のうち収入や利益が得られる等と誘導された「利益誘引型※」

年度 2009 2010 2011 2012 2013 2014
相談件数 2,581 5,394 6,277 5,367 3,784 1,999(前年同期 1,979)

相談件数は2014年10月31日現在

  • ※ “出会い系サイト”に関する相談のうち、「お金をあげる」「収入が得られる」等といわれ、利益を得ることを目的にサイトを利用したことで生じた利用料金トラブル。

最近の事例

  • 大手婚活サイトで知り合った相手から、出会い系サイトに登録してやり取りするよう求められた。認証解除の手続きのためとして、80万円以上の料金を請求され支払った。しかし、相手の顔写真やプロフィールが複数のサイトで見つかり、だまされたと気づいた。返金してほしい。
  • スマートフォンで広告メールに書かれていた抽選に応募し、商品券が当たったので返信したら出会い系サイトに登録された。どう対処すべきか。
  • スマートフォンの無料の出会い系サイトで知り合った人に誘われ有料サイトに登録した。連絡先の交換に失敗が続くが詐欺なのか。
  • スマートフォンに出会い系サイトから「ポイントを確認してほしい」と書かれたメールが頻繁に届く。メールをやめさせる方法が知りたい。
  • 携帯電話で出会い系サイトを利用した。もう止めたがサイトから多数のメールが来て迷惑している。内容も「会社にばらす」などと脅迫めいていて不安だ。
  • 父がスマートフォンで出会い系サイトに登録し、600万円近い金額を支払っていたことがわかった。取り戻すことはできないか。
  • 出会い系サイトで知り合った女性に、頼まれて自分の下半身の写真を送った。サイトから規約違反なので50万円の請求を受けた。どうしたらよいか。
  • 大手ショッピングサイトを名乗り「申込みを受け付けた」とメールが届き返信したら、出会い系サイトにつながった。どうすべきか。
  • SNSの広告を見て、副業サイトに登録したつもりが出会い系サイトだった。8万円をクレジットカードで決済したが解約したい。
  • 携帯電話に「8,300万円を受取ってほしい」とのメールが来た。不審だ。出会い系サイトに誘導される手口なのか。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報

各種相談の件数や傾向トップページへ

ページトップへ