独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 相談事例・判例 > 各種相談の件数や傾向 > 出会い系サイト

ここから本文
[2019年4月26日:更新]

出会い系サイト

 意図せず出会い系サイトに入り料金を請求されるケースなど、パソコンや携帯電話などでの、いわゆる出会い系サイトに関する相談が寄せられています。

PIO-NETに寄せられた相談件数の推移

出会い系サイト全体
年度 2015 2016 2017 2018
相談件数 11,204 9,603 8,712 8,161(前年同期 7,979)
上記相談のうち収入や利益が得られる等と誘導された利益誘引型※
年度 2015 2016 2017 2018
相談件数 3,339 2,646 2,407 2,633(前年同期 2,169)

相談件数は2019年3月31日現在(消費生活センター等からの経由相談は含まれていません)

  • ※"出会い系サイト"に関する相談のうち、「お金をあげる」「収入が得られる」等といわれ、利益を得ることを目的にサイトを利用したことで生じた利用料金トラブル。

最近の事例

  • SNSで知り合った女性に勧められ出会い系サイトに登録をしたが、登録直後に相手から返信がなくなった。出会い系サイトを解約したい。
  • 出会い系アプリで知り合った女性に出会い系サイトに誘導され、やり取りに必要なポイントを購入するためクレジットカード決済を繰り返した。騙されたので支払いたくない。
  • 知人から勧められた出会い系サイトで女性と連絡先を交換するために高額なポイント代を支払ったが、連絡先を交換できない。だまされたと思う。
  • 知らない女性からスマートフォンにメールがあり、出会い系サイトに誘導され15万円ほどのポイント料を支払った。返金してほしい。
  • スマートフォンの出会い系サイトで次々と料金を払ったが、更に高額な料金を要求され不審に思った。どうしたらよいか。
  • ※「最近の事例」は、相談者の申し出内容をもとにまとめたものです。

国民生活センターホームページの関連情報