[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 平成28年度 消費生活相談員資格試験(消費生活専門相談員資格認定試験)の実施について

[2016年5月19日:公表]

平成28年度 消費生活相談員資格試験(消費生活専門相談員資格認定試験)の実施について

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 当センターは、改正消費者安全法(平成28年4月1日施行)に基づく「消費生活相談員資格試験」を登録試験機関として実施します。この資格試験は、当センターが平成3年度から実施してきた「消費生活専門相談員資格認定試験」を兼ねており、合格者は、「消費生活相談員資格」(国家資格)と「消費生活専門相談員資格」の両方が同時に取得できます。

 平成28年度の試験実施の詳細について公表します。


試験実施の詳細

1.受験資格

年齢、性別、学歴等を問わずどなたでも受験できます。

2.本試験の合格者が取得できる資格

(1)「消費生活相談員資格」(国家資格 更新制なし)

試験の合格者には、登録試験機関の長である当センター理事長名で合格証を発行

(2)「消費生活専門相談員資格」(5年ごとの更新制)

当センター理事長名で資格認定証を発行

3.申込受付期間

平成28年6月27日(月曜)〜7月29日(金曜)消印有効

4.試験日・受験地

第1次試験

平成28年10月15日(土曜) 全国20カ所

北海道(札幌市)、岩手県(盛岡市)、宮城県(仙台市)、秋田県(秋田市)、埼玉県(さいたま市)、東京都(23区内)、石川県(金沢市)、長野県(長野市)、静岡県(静岡市)、愛知県(名古屋市)、大阪府(大阪市)、兵庫県(神戸市)、和歌山県(和歌山市)、島根県(松江市)、広島県(広島市)、高知県(高知市)、福岡県(福岡市)、熊本県(熊本市)、宮崎県(宮崎市)、沖縄県(那覇市)

第2次試験

  1. 平成28年12月3日(土曜)東京・札幌
  2. 平成28年12月10日(土曜)大阪
  3. 平成28年12月11日(日曜)名古屋・福岡

5.出題形式および出題範囲

(1)出題形式(注)

  1. 第1次試験(選択式及び正誤式筆記試験、論文試験)
  2. 第2次試験(面接試験)
  • (注)昨年度まで実施してきた「消費生活専門相談員資格試験」の出題形式と変更がありますので、ご注意ください。

(2)出題範囲

  1. (1)商品等及び役務の特性、使用等の形態その他の商品等及び役務の消費安全性に関する科目
  2. (2)消費者行政に関する法令に関する科目
  3. (3)消費生活相談の実務に関する科目
  4. (4)消費生活一般に関する科目
  5. (5)消費者のための経済知識に関する科目
  • ※第1次試験問題における出題の根拠となる法令等は、当該年度の5月1日時点で施行されているものです。ただし、既に公布され、施行を控えた法律の内容について、その概要に関して問う問題が出題されることがありえます。

6.受験手数料

13,500円(消費税を含む)

【「平成28年熊本地震」で被害に遭った方への特例措置】

本地震により、「住家」に被害を受けた方は、受験手数料免除申請書及び市町村が発行する罹災(りさい)証明書(写しでも可)を添えて提出することで、受験手数料(13,500円)全額を免除いたします。詳細は、資格制度室までお問い合わせください。

7.受験要項の請求について

(1)ホームページからダウンロード

 国民生活センターホームページ「消費生活相談員資格試験・消費生活専門相談員資格認定制度」コーナーからダウンロードできます。(5月下旬掲載予定)

(2)郵送での請求

 郵便番号、住所、氏名を書いた返信用封筒(A4が折らずに入る大きさの封筒に140円切手貼付)を同封のうえ、独立行政法人国民生活センター資格制度室宛に請求ください。




本件連絡先 教育研修部資格制度室
電話 03-3443-7855(問い合わせ受付)

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ