[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 150万円払ったのに…台風で壊れた屋根の修理が未着工

[2015年9月29日:公表]

150万円払ったのに…台風で壊れた屋根の修理が未着工

[第232号]

2015年9月29日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](261KB)

内容

台風で屋根が壊れたので、電話帳で見つけた業者へ修理を依頼した。業者はすぐに来て、屋根にブルーシートを掛ける応急処置を行った。その際「瓦のままでは重いので新しい屋根にしたほうが良い」と言われ、費用の半額である150万円を振り込んだが、4カ月経っても工事が始まらない。(60歳代 女性)



ひとこと助言

  • 災害による被害で、住宅の修理などが必要な場合でも、慌てずに複数の業者から見積もりを取ったり、周囲に相談したりした上で契約しましょう。

  • 住宅の損傷について、業者に不安なことを言われても、本当にその工事を行う必要があるかどうか、慎重に検討しましょう。

  • 高額な費用の前払いは避け、できるだけ完成後の支払いを主とした契約にしましょう。

  • 台風や、大雪・地震などの自然災害が起きた後は、住宅修理や便乗商法などの様々な相談が寄せられます。困ったときには、お住まいの自治体の消費生活センター等に相談ください(消費者ホットライン188)。




本情報は、都道府県等の消費者行政担当部署等からの情報をもとに編集・発行しています。

<参考>
国民生活センター公表資料「自然災害にみる消費者トラブル−被災した住宅の修理トラブルから、便乗商法まで−


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ