[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > 大学生がターゲット 借金させられて高額な投資用DVDを購入

[2014年5月20日:公表]

大学生がターゲット 借金させられて高額な投資用DVDを購入

[第75号]

2014年5月20日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](257KB)

内容

事例

高校の先輩から「もうかる投資システムがある」と言われ、喫茶店で投資システム会社の人も合流して、稼いでいる話を聞かされた。「投資をするにはDVDソフトの購入が必要。そのソフトを使えばすぐに元が取れる」と勧誘されたが、お金がないと断ったところ、先輩から「会社員と言って、車の頭金としてお金を借りるように」と言われて、消費者金融3社から20万円ずつ借りて支払った。その後、新規に人を紹介すると10万円もらえると説明があったが、自分は投資に興味があっただけで、人を紹介して紹介料を得ようとは思わない。解約して返金してほしい。

(大学生 男性)



ひとことアドバイス

  • 友人や先輩など親しい人から「もうかる投資話がある」などと勧誘されても、安易に契約するのはやめましょう。

  • 高額な借金をして契約をしても、実際には利益をあげることができず、返済に行き詰まって多重債務に陥る危険性があります。無理な借金は決してしてはいけません。

  • 友人を勧誘することにより、その人との関係を壊してしまったり金銭トラブルになったりするおそれもあります。

  • 困ったときは、学校やお住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。




本情報は、国民生活センターの公表情報をもとに編集・発行しています。

詳細は、「相談急増!大学生に借金をさせて高額な投資用DVDを購入させるトラブル


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ