[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 子どもサポート情報 一覧 > ショッピングカートからの転落に注意!

[2017年1月24日:公表]

ショッピングカートからの転落に注意!

[第110号]

2017年1月24日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は子どもサポート情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](190KB)

内容

事例1

ショッピングセンターのカートに乗っていたところ、転落し後頭部を打撲した。すぐに泣き、意識もあったが、吐き気が続いたため受診しCT検査を受けたところ、後頭部に急性硬膜外血腫があり、別の病院へ救急搬送となった。

(当事者:1歳 女児)

事例2

スーパーで1メートルくらいの高さの買い物カートに立って乗っていた際、母親が目を離した際にカートごと転倒し、頭部を打撲した。抱っこしようとわきの下に手を入れて体を持ち上げると、激しく泣いたため、心配になり救急要請し、受診したところ上腕を骨折していた。

(当事者:11カ月 男児)



ひとことアドバイス

  • スーパーマーケット等にある商品を運ぶための店舗用ショッピングカート(以下、ショッピングカート)から子どもが転落する事故が起きています。特に1歳から3歳児の事故が全体の7割以上を占め、頭部の損傷が目立ち、中には重症事例も見られます。

  • 子どもをショッピングカートの幼児用座席に乗せているときは、目を離さず、子どもが立ち上がらないように注意し、ベルト等があればしっかり装着しましょう。

  • 幼児用座席のないショッピングカートに子どもを乗せてはいけません。

  • ショッピングカート置き場や本体の注意表示等をよく確認しましょう。




本情報は、国民生活センターの公表情報をもとに編集・発行しています。

詳細は、「医療機関ネットワークにみる店舗用ショッピングカートでの子どもの事故−転落時の頭部損傷のリスクが高く、危険です!−


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。 PDF形式の閲覧方法について

見守り情報トップページへ

ページトップへ