独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 商品テスト > 商品テストの実施機関 > 奈良県森林技術センター

ここから本文

奈良県森林技術センター

住所・電話番号・FAX・URL等

〒635-0133 高市郡高取町吉備1
TEL:0744-52-2380 FAX:0744-52-4400
URL:http://www.nararinshi.pref.nara.jp

機関分類

公立試験研究機関

受入商品分類(商品別)

住居品

受入商品分類(主な商品別)

木材加工品

受入可能商品・品目

受入試験の種類及び受入者

試験種類/受入者区分

※受け入れ区分については(個人、行政機関、企業・団体、その他)がございます。

規格・基準への適合性試験
企業・団体
性能・成分等の計測・分析試験
企業・団体
苦情・事故等の原因究明のための試験
その他

試験項目

試験項目/試験内容

木材の材質試験
1試験につき試験片12個を採取するために必要な材の提供をうけ、比重、含水率、平均年輪幅、収縮率、吸水量、吸湿量を測定する。
木材の強度試験
1試験1項目につき試験片12個を採取するために必要な材の提供をうけ、圧縮、引っ張り、曲げ、せん断、かたさ、くぎの引き抜き抵抗などを調べる。また、1試験につき試験片12個を採取するために必要な材の提供をうけ、摩耗衝撃曲げ試験を行う。
木材の保存性能試験
1試験に薬剤原液100gの提供をうけ、防腐剤の効力、防かび剤の効力を調べる。また、1試験につき試験片24個を採取するために必要な材の提供をうけ、木質材料の耐久性を調べる。1試験につき加圧法により防腐、防蟻処理を施した資料から任意に抜き取った1本を用いて、防腐、防蟻処理効力を調べる。
実大材の強度試験
1試験1項目につき試験体3本。ただし、2項目以上で部分圧縮試験の項目を含む場合は、その都度指定する。試験項目はたて圧縮、曲げ、部分圧縮試験である。
集成材の接着性能試験
1試験につき試験片10個を採取するために必要な材の提供をうけ、浸せきはくり、煮沸はくり、ブロックせん断、表面割れに対する抵抗性などの試験を行う。
構造用大断面集成材の接着性能試験
浸せきはくり、煮沸はくり、ブロックせん断、減圧・加圧はくりなどの試験を行う。提供する材料については、その都度指定する。
林木種子の発芽試験
スギ種子1試験体につき25g、ヒノキ種子1試験体につき15g、その他の種子にあっては、その都度指定する。
木材の分析
分析に必要な材料は、1分析につき500gであるが、2分析以上の場合は、その都度指定する。分析項目は、水分、灰分、冷水可溶物、熱水可溶物、水酸化ナトリウム可溶物、エーテル可溶物、アルコール・ベンゼン可溶物である。また、ホルムアルデヒド可溶物については、1分析につき試験片10個を採取するための材料が必要である。

試験施設・設備等

〈分析・測定機器〉 フーリエ変換赤外分光光度計 蛍光X線分析装置 高速液体クロマトグラフ 動的粘弾性測定装置 フェードメータ 各種ひずみ測定器

           自動測色々差計  微小面分光色差計  カラーアナライザー  表面あらさ計  赤外線サーモグラフィー   分光光度計 デジストグラフ  

〈強度試験機〉  木材万能試験機(アムスラー型・インストロン型)  実大木材強度試験機  L型集成材強度試験装置  荷重計測システム  木材引張試験機    

〈接着試験装置〉 高周波加熱装置   保温圧締装置   ホットプレス 高周波全体加熱プレス  繰りかえし荷重試験機 

〈木材保存試験装置〉  軟X線映像解析装置   真空注入装置  微細インサイジング加工機   低温灰化装置   ピロディン     

〈顕微鏡〉  走査型電子顕微鏡    生物顕微鏡システム 偏光顕微鏡   実体顕微鏡

試験料金

有料
料金表または規定による

事業所・出張所等

事業登録・認定・認証等

受け入れ商品別機関一覧

| 食料品 | 住居品 | 光熱水品 | 被服品 | 保健衛生品 | 教養娯楽品 | 車両・乗り物 | 土地・建物・設備 | 他の商品 || 全機関 |