独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置: トップページ > 注目情報 > 商品テスト > 商品テスト結果 > 本体のプラスチック部品が脱落して湯がこぼれた電気ケトル−異常があった場合は使用を中止してください−

ここから本文
[2019年7月18日:公表]

本体のプラスチック部品が脱落して湯がこぼれた電気ケトル−異常があった場合は使用を中止してください−

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文[PDF形式]」をご覧ください。

 「電気ケトルを傾けたところ、前面の半透明の樹脂部分がはがれ、足に熱湯がかかりやけどをした。樹脂部分がはがれた原因を調べてほしい。」というテスト依頼が寄せられました(2019年2月受付)。当該品について外観調査等を行ったところ、本体の樹脂が全体的に劣化して脆(もろ)くなったことで、本体と半透明のプラスチック部品の溶着部が破損し、半透明のプラスチック部品が脱落に至ったことがわかりました。

 当該品の「電気ケトル DK-2100」(写真)をお持ちの方は、ひびなど異常があった場合は使用を中止し、不明点は販売元である株式会社シィー・ネットにお問い合わせください。

写真.当該品の外観
電気ケトル本体の画像。半透明のプラスチック部品が前面についている。


消費者へのアドバイス

 当該品は、本体の樹脂が全体的に劣化して脆くなったことで、本体と半透明のプラスチック部品の溶着部が破損し、半透明のプラスチック部品が脱落に至ったことがわかりました。経年使用に伴い同様な現象が発生して、湯がかかってやけどをする危険性が考えられます。

 販売元である株式会社シィー・ネットは、当該品(販売時期:2007年10月〜2008年3月)について、本体などにヒビなどの異常がないか確認するとともに、異常がある場合は使用を即時中止する旨のお知らせを行っていますので、当該品をお持ちの方は、ひびなど異常があった場合は使用を中止し、不明点は株式会社シィー・ネットにお問い合わせください。

問い合わせ先

販売元:
株式会社シィー・ネット(法人番号8120001099970)
大阪府大阪市中央区内淡路町2丁目4番11号501
電話番号:
0120−357−191
ホームページ:
http://www.cnet-coltd.co.jp/index.html

情報提供先

  • 消費者庁 消費者安全課(法人番号5000012010024)
  • 内閣府 消費者委員会事務局(法人番号2000012010019)
  • 経済産業省 商務情報政策局 製品安全課(法人番号4000012090001)

本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について