独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > テーマ別特集 > マイナンバー制度に便乗した不審な電話等にご注意ください!

ここから本文
[2020年8月25日:更新]

マイナンバー制度に便乗した不審な電話等にご注意ください!

 2015年からマイナンバー制度が始まり、マイナンバー制度に便乗した不審な電話等に関する相談が寄せられています。

 相談内容をみると、行政機関を名乗り、還付金の支払いにマイナンバーカードやキャッシュカード等が必要であるとの不審な電話に関するものの他、漏えいした個人情報を削除するなどとして、マイナンバーを聞き出そうとするものもあります。

 また、「有料サイトの登録料金が未払いになっており、放置すると訴訟履歴がマイナンバーに登録される」などとして、業者への連絡を求める不審なメールに関する相談も寄せられています。


相談事例

【事例1】行政機関を名乗り、還付金の支払いにマイナンバーカードが必要との不審な電話があった
 行政機関の健康保険課から電話があり、「保険料の還付金が2万5000円あるので手続きしてほしい」と電話があった。銀行の通帳とキャッシュカード、マイナンバーカードを用意するよう指示され、また電話すると言われて電話が切れたが、よく考えると不審だ。
(2019年4月受付 契約当事者:70歳代、女性)
【事例2】漏えいした個人情報を削除するので、マイナンバーを教えるようにという不審な電話があった
 国の消費者行政機関を名乗る相手から、「あなたの個人情報が3社から漏れている。漏れている個人情報を削除する」との電話があった。また、「番号の変更手続きにマイナンバーが必要だ」と言われて、マイナンバーを伝えてしまった。その後、「電話があり2社は削除できたが1社はできなかった。削除できなかった1社は100人にならないと削除できないので、他の人の登録が必要」と言われた。不審だ。
(2018年4月受付 契約当事者:80歳代、男性)
【事例3】「訴訟履歴がマイナンバーへ登録されます」という内容の不審なメールが届いた
 「【重要】国民消費生活組合より大切なお知らせ【重要】」というタイトルの不審なメールが届いた。このメールには、「【重要】マイナンバーに関わる大切なお知らせの為、必ず最後までお読み頂けます様お願い申し上げます。※個人情報保護法に基づき、第三者による貴方様の氏名・住所・電話番号・マイナンバー等の閲覧を防ぐ為、本電子文書へは非公開と致します。」と書かれており、有料サイトの登録料金が未払いとなっているため、民事訴訟の手続きの関係で連絡を求める内容となっている。
 このメールにはさらに、「【マイナンバーに関する注意】民事訴訟及び刑事訴訟の被告人(訴えられた側)となられた方は、訴訟履歴がマイナンバーへ登録されます。訴訟履歴がマイナンバーへ登録されますと今後一切記録を消すことが出来なくなります。」と書いてあるが、有料サイトの登録をした覚えもない。どうしたらよいか。
(2016年1月受付 契約当事者:60歳代、男性)
【事例4】「マイナンバーのカードは届いているか」と訪問があり1万円を支払ってしまった
 「マイナンバーのカードは届いているか」と訪問があった。「まだ届いていない」と答えると「1万円を支払えば宅配便ですぐに届ける」と言われたので、1万円を支払い2時間ほど待ったが、誰も来ず心配になったので市役所に電話した。
(2015年11月受付 契約当事者:年代不明、女性)
【事例5】行政機関を名乗り、口座番号を取得しようとする不審な電話
 行政機関を名乗って、「マイナンバー制度が始まると手続きが面倒になるので、至急、振込先の口座番号を教えてほしい」との電話があった。本当か。
(2015年8月受付 契約当事者:60歳代、女性)
【事例6】行政機関の職員を名乗り、資産などの情報を聞き出そうとする女性の来訪
 「マイナンバー制度の導入に伴い、個人情報を調査中である」と言って、女性が来訪し、資産や保険の契約状況などを聞かれた。本当に行政機関がそのような調査をしているのか。
(2015年4月受付 契約当事者:70歳代、女性)

アドバイス

  • マイナンバー制度をかたった不審な電話、メール、手紙、訪問等には十分注意し、マイナンバーの提供を求められても、絶対に伝えないでください。
  • マイナンバーの通知や利用手続き等で、国や自治体、その他公的機関の職員が家族構成、資産や年金・保険の状況、口座番号などを電話やメールで聞くことはありません。不審な電話やメールはすぐに切るか無視し、来訪の申し出があっても断ってください。
  • マイナンバーカードの発行で代金を請求されることはありません。カードの初回発行は無料です。万が一金銭を要求されても、決して支払わないようにしてください。
  • 少しでも不安を感じたら、すぐにお近くの消費生活センターや消費生活相談窓口(消費者ホットライン188番(3桁の全国共通の電話番号))や警察(警察相談専用電話#9110)等に相談してください。
  • ※なお、「通知カードや個人番号通知書」「マイナンバーカード」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問い合わせは、マイナンバー総合フリーダイヤル0120-95-0178(無料)にて受け付けています。

国民生活センターの関連する公表資料

発表情報

見守り情報

身近な消費者トラブルQ&A

中央省庁等の情報


本件連絡先 相談情報部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。