独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 好きになったら騙される!?デート商法を恋愛ゲームで体験!−キミならどうやって切り抜ける?−

ここから本文
[2019年3月7日:公表]

好きになったら騙される!?デート商法を恋愛ゲームで体験!−キミならどうやって切り抜ける?−

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 2022年に、民法改正により成年年齢が20歳から18歳へ引き下げられます。成人になると、契約をする際に親の同意は必要なく、自分の意思で自由に契約することができるようになります。これに伴い、成人になったばかりの若者を狙う悪質な業者が現れる可能性があります。

 そこで、国民生活センターでは、特に10代から20代の若者をターゲットとした悪質商法である「デート商法」をテーマに、恋愛シミュレーションゲーム風の動画を作成しました。実際に自分がデート商法の被害にあっているかのような体験ができるようになっています。

動画

デート商法を恋愛ゲームで体験!ストーリー

 20歳の男子大学生の主人公「太郎くん」は、SNSで知り合ったばかりの女の子「ミチルちゃん」と会う約束をします。デートを通じて仲良くなったところで、2人はミチルちゃんの職場に一緒に行くことになります。そこで初めて、ミチルちゃんはアクセサリーのデザインの仕事をしていることが明かされます。ミチルちゃんは、自分がデザインしたという40万円のネックレスを、太郎くんに購入してほしいと勧誘します。

 太郎くんは、「ミチルちゃんのためなら買う」「お金がないので断る」「いらない、ときっぱり断る」の三つの選択肢を選ぶことができます。あなたなら、どうやって切り抜けますか?

動画イメージ写真 デート商法を恋愛ゲームで体験!ストーリー
動画:デート商法を恋愛ゲームで体験!

デート商法を恋愛ゲームで体験!キミならどうする!?!?

case1 ミチルちゃんのためなら買う

動画イメージ写真 case1、ミチルちゃんのためなら買う編
動画:case1

case2 お金がないので断る

動画イメージ写真 case2、お金がないので断る編
動画:case2

case3 いらない、ときっぱり断る

動画イメージ写真 case3、いらない、ときっぱり断る編
動画:case3

消費者へのアドバイス

  1. 販売員の好意は、商品を売るための手口であることを覚えておきましょう!
  2. あやしいと思ったら、すぐに契約したり、お金を借りたりしないようにしましょう!
  3. デート商法の被害に気付いたら、すぐに消費生活センターに相談しましょう!

コピーライト

写真・イラスト・音楽提供:ピクスタ


本件連絡先 相談情報部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について