[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > プラスチック部分が破損した洗面化粧台−洗濯用洗剤などの溶剤が付着したときは、すぐに拭き取りましょう−(相談解決のためのテストからNo.106)

[2017年1月19日:公表]

プラスチック部分が破損した洗面化粧台−洗濯用洗剤などの溶剤が付着したときは、すぐに拭き取りましょう−(相談解決のためのテストからNo.106)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 「洗面化粧台の三面鏡を支えるプラスチック部分に亀裂が生じて破損した。亀裂が生じた原因を調べてほしい。」という依頼を受けました。

 当該品は三面鏡(開き扉の構造)の中央鏡の下のプラスチック部分(ABS)が破損し、その背面のステンレスには液体が垂れた跡がありました。そのほか、破損部のプラスチック破面には亀裂が徐々に進行していった跡も確認されました。

 当該品に収納していた洗剤など((1)洗濯用合成洗剤(弱酸性)、(2)洗濯用合成洗剤(中性)、(3)衣料用漂白剤(酸性)、(4)ヘアスプレー)と、参考として水道水を用いて、当該品のプラスチック部分が洗剤などで亀裂を生じるかテストしました。当該品の破損していない箇所からプラスチック片を切り取り、プラスチック片に曲げ力が加わる状態で試験片を作成しました。より過酷なテスト条件となるよう、(1)〜(3)では試験片を原液に浸し、エアゾール製品の(4)では試験片に両面から噴射して、室温約20℃の環境下でそのまま1週間放置しました。テストの結果、(1)(2)では溶剤の影響で試験片が脆(もろ)くなり、テスト開始12時間以内にソルベントクラック(注)を生じました。

  • (注)成形品中に溶剤などが浸透拡散されることによって、分子間の剥離が生じクラック(亀裂)に至るもの。(大武義人著「ゴム・プラスチック材料のトラブルと対策」より)

 一方、(3)(4)や水道水では1週間経過してもソルベントクラックを生じませんでしたが、試験片を指で折り曲げたところ、(3)(4)は容易に割れました。このことから、(1)(2)と同様に(3)(4)でも溶剤によって試験片が脆くなったものと考えられました。なお、水道水に浸した試験片は指で割ることはできませんでした。

 以上のことから、当該品の中央鏡の下のプラスチック部分は、洗剤などに含まれる溶剤が付着したままになったことが原因で亀裂を生じ、三面鏡の開け閉めの際の衝撃や応力などによってその亀裂が成長して破損したものと考えられました。

 洗面化粧台のプラスチック部分に洗剤などの溶剤を含んだものが付着すると、プラスチック部分に亀裂を生じ、破損するおそれがあります。破損の程度によっては洗面化粧台を交換しなくてはならなくなることも考えられます。洗面化粧台のプラスチック部分に洗剤などが付着したときは、すぐに拭き取りましょう。



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ