[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > タレント・モデル契約のトラブルに注意してください!−10代・20代の女性を中心にトラブル発生中−

[2016年11月30日:公表]

タレント・モデル契約のトラブルに注意してください!−10代・20代の女性を中心にトラブル発生中−

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 10代・20代の女性を中心に、タレント・モデル契約関連の様々なトラブルが発生しています。以前多く見られた街中でのスカウトに加え、最近ではスマートフォン等で検索して見つけたオーディションに申し込んだり、SNSに書き込まれているタレント事務所の募集広告を見たりして、自ら連絡を取ったことをきっかけにトラブルに遭うケースが散見されます。

 そこで、全国の消費生活センターに寄せられた相談事例を紹介し、トラブルを周知するとともに、消費者に対して注意喚起を行います。


相談事例

【事例1】
オーディションに合格したが、芸能スクールに通うために約85万円を支払うよう言われた
【事例2】
インターネットで見つけたモデル事務所の面接に行ったところ、アダルトDVDの出演を勧められた


消費者へのアドバイス

  1. タレントやモデルの契約をするときには十分に注意しましょう
  2. タレント・モデルになるために必要だと言われても、その場での契約は避けましょう
  3. 一人で悩まずに、消費生活センターや警察に相談しましょう


情報提供先

  • 消費者庁 消費者政策課(法人番号5000012010024)
  • 内閣府 消費者委員会事務局(法人番号2000012010019)
  • 警察庁 生活安全局 生活経済対策管理官(法人番号8000012130001)



本件連絡先 相談情報部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ