[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 美容用具で肌が引っぱられて傷(相談解決のためのテストから No.92)

[2016年2月12日:公表]

美容用具で肌が引っぱられて傷(相談解決のためのテストから No.92)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 「ローラータイプの美容用具(充電式)を腹部に使用したところ、肌が引っぱられて傷になった。商品に問題がないか調べてほしい。」という依頼を受けました。

 当該商品は、本体を手で持ち、電動で回転する歯車状のローラー部分を、肌に円を描くように押し当てて使用する美容用具で、相談者が腹部に当てて使用したところ、肌が引っぱられて傷ができたとのことでした。

 当該商品を、合成樹脂製の柔らかい肌模型に使用したところ、傾けて押し当てると表面が引っぱられることがありました。また、押し当てる力が同じでも垂直に押し当てた場合と、傾けて押し当てた場合では、引っぱられる力は、傾けた方が3〜5倍程度強くなりました。

 使用上の注意には、強く押し当てず1カ所に集中して使用しないことや、安全のため破けてもよい肌着の上から使用することを推奨する記載はみられましたが、押し付ける角度についての記載はみられませんでした。

 テスト結果を受けた依頼センターのあっせんにより、事業者から相談者には商品の購入代金が全額返金されました。また、事業者は取扱説明書の一部を改訂し、肌に対して傾けて使用しない等の注意事項を図入りで記載するとの回答がありました。



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ