[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 日本年金機構における個人情報流出に便乗した不審な電話にご注意ください!

[2015年6月4日:公表]

日本年金機構における個人情報流出に便乗した不審な電話にご注意ください!

 日本年金機構における個人情報流出に関連して、「あなたの年金情報が流出している」「流出した年金情報を削除できる」などといった不審な電話に関する相談が寄せられはじめています。

 最近では、「あなたの個人情報が漏れているので、削除してあげる」などと電話をかけてきて、最終的にはお金をだまし取る詐欺が増加しており、こうした不審な電話には十分な注意が必要です。

 「個人情報を削除してあげる」などと持ちかけてくる電話は詐欺ですので、相手にせず、すぐに電話を切ってください。


相談事例

【事例1】
 年金流出処理委員会を名乗る者から自宅に非通知で電話があり、「あなたの年金情報が流出している。他にも流出しているかもしれない。家族で年金を受け取っている者がいれば教えてほしい」と言われた。「詳細は書面で送ってほしい」と伝えたところ、電話が切れた。
(60歳代、女性、北陸地方)
【事例2】
 日本年金機構を名乗る者から電話があり、最初に自分の名前を言われ「個人情報が漏れた。本人に直接伝えたいことがある」と言われた。「本人ですよね」と念押しされたので、とっさに「本人は出かけている」と言ったら、「またかけ直す」と言って電話が切れた。
(70歳代、女性、山陽地方)
【事例3】
 国民生活センターの職員を名乗る者から電話があり、「年金機構の件を知っているか。あなたの個人情報が3社に漏えいしていることがわかった。そのうち2社については削除できたが、残りの1社の削除ができない。しかし、ボランティア団体の会長があなたの代理人を引き受けてくれることになった。これから名義変更のために会長から連絡がある」と言われ、電話が切れた。
(60歳代、女性、南関東地方)


アドバイス

  • 「あなたの年金情報が流出している」「流出した年金情報を削除できる」などといった不審な電話や勧誘があっても、相手にせずすぐに電話を切ってください。
  • 本件に関し、日本年金機構や消費者庁、国民生活センター、消費生活センター等の職員から消費者へ電話やメールで連絡をすることはありません。
  • 少しでも不安を感じたら、すぐにお近くの消費生活センター等に相談してください。



本件連絡先 相談情報部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。


発表情報トップページへ

ページトップへ