[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 強いにおいがする婦人用レインブーツ(相談解決のためのテストから No.78)

[2014年10月30日:公表]

強いにおいがする婦人用レインブーツ(相談解決のためのテストから No.78)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 「通信販売で購入した婦人用レインブーツから刺激臭がし使用できない。においの原因を調べてほしい。」という依頼を受けました。

 当該商品は、天然ゴムを使用しているというレインブーツで、購入当初から強いにおいがしていたとのことでした。

 当該商品から揮発してくる成分を調べたところ、樹脂の接着剤や塗料に用いられ、刺激臭があることが知られている物質が検出されました。これらの物質は、原材料に由来するものが製造、流通の過程を経ても十分に揮発せずに残留していたものと推測されました。

 次に、当該商品のにおいの強さと快・不快についてモニターに評価してもらったところ、においの強さについてはモニターの5割が強烈または強いにおいと回答し、においの快・不快については8割が不快またはやや不快と回答しました。

 依頼センターがテスト結果を元に事業者と交渉したところ、相談者に返金されました。また、においについては、今後、一担当者だけではなく複数の人間が対応し、においがきついと感じる基準を今までよりも広くとらえ対応するとの回答がありました。



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ