[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > エアコンの「フロンガスが2020年から使用できなくなる」という勧誘にご注意!!−「環境省の指示」、「フロンガスが使用できなくなる」というのはウソです−

[2014年7月30日:公表]

エアコンの「フロンガスが2020年から使用できなくなる」という勧誘にご注意!!−「環境省の指示」、「フロンガスが使用できなくなる」というのはウソです−

 最近、「環境省からの指示で、2020年からエアコンのフロンガスが使用できなくなる」等という勧誘に関する相談が複数寄せられている。

 これについて環境省は「現在、使用されているエアーコンディショナーに冷媒として充填(じゅうてん)されているフロン類を、フロン類以外のものに入れ替えるよう指示していることはない」としている(注1)ことから、このような「フロンガス」に関する勧誘は虚偽であり、注意が必要となる。そこで、最近寄せられた相談事例を紹介し、消費者に注意を呼びかける。


相談事例

【事例1】エアコンのフロンガスをノンフロンガスに交換するとの電話があった
 環境省がエアコンのフロンガスをノンフロンガスに交換することを推奨していると言われたが、エアコンは昨年買ったばかりなので必要ないと言って断った。悪質商法だと思うので、消費生活センターに情報提供したい。
(受付年月:2014年4月 契約当事者:70歳代、女性、福岡県)
【事例2】「エアコンの中のフロンガスが2020年から使用できなくなる」と電話がかかってきた
 「エアコンの中のフロンガスが2020年から使用できなくなる」とエアコンの交換を勧誘する電話があった。業者名は聞きとれず、状況がよく分からなかったので回答はしなかった。業者は再度連絡をすると言っていたが、エアコンが使えなくなるのは本当だろうか。
(受付年月:2014年4月 契約当事者:男性、茨城県)


アドバイス

 冷媒としてフロンガスを用いているエアコンが2020年から使用できなくなるということはない。フロン類の一種(HCFC:ハイドロクロロフルオロカーボン)の生産等を全廃する年として定められているだけである(注2)。このような勧誘には、注意してほしい。



情報提供先

  • 消費者庁 消費者政策課
  • 内閣府 消費者委員会事務局
  • 環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 フロン等対策推進室



本件連絡先 相談情報部
ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

[PDF版] エアコンの「フロンガスが2020年から使用できなくなる」という勧誘にご注意!!−「環境省の指示」、「フロンガスが使用できなくなる」というのはウソです−[PDF形式](230KB)
※PDF版に掲載されている情報は、このページに記載している内容と同じものです。印刷用にご利用ください。

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ