[本文へ] 消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。

現在の位置 : トップページ > 注目情報 > 発表情報 > 吸いづらいストロー付きの乳幼児用カップ(相談解決のためのテストから No.55)

[2013年11月7日:公表]

吸いづらいストロー付きの乳幼児用カップ(相談解決のためのテストから No.55)

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

消費生活センター等の依頼に基づいて実施した商品テスト結果をご紹介します。

 「ストロー付きの乳幼児用カップを購入したところ、ストローを吸っても、飲むのが困難なことがある。構造等に問題がないか調べてほしい。」という依頼を受けました。

 この商品は、対象月齢が「12ヶ月頃から」と表示のある商品ですが、大人でも中に入れた液体が非常に吸いづらいとのことでした。

 吸いづらさについて、当該品、その同型品と他のブランドのストロー付きの乳幼児用カップ(以後、「参考品」とする)2銘柄で、モニターテストを行ったところ、当該品とその同型品の方が吸いづらいと評価されました。また、同型品4検体の中でも吸いづらさには個体差があり、大人でもほとんど吸えないものがありました。当該品のストローをフタから取り外して吸ってみても、吸いづらさが確認されたため、吸いづらさの原因はストローにあると考えられました。

 そこで、ストローの構造を調べたところ、ストローは2つのパーツに分解でき、上側部分のつなぎ目付近には、Z型の切れ込みのある仕切りがありました。この部分が弁のように働き(以後、この部分を「弁」とする)、漏れにくくなっているものと考えられましたが、弁付近をつまむと弁が開き、吸いづらさが軽減されることから、吸いづらさの原因はこの弁にあるものと考えられました。

 総輸入元のホームページには、ストローが吸いづらい場合の対策が記載されていましたが、指示どおりにしても、吸いづらさは改善されませんでした。

 依頼センターから、総輸入元に対しテスト結果の説明を行ったところ、総輸入元からは、「自社に在庫はなく、市場に出ている分で販売終了とする。万が一、消費者からこの商品についての相談があった場合には、すみやかに返金、交換等の対応を行う。」との回答がありました。



本件連絡先 商品テスト部
電話 042-758-3165

※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について


発表情報トップページへ

ページトップへ