独立行政法人国民生活センター

検索メニュー

×閉じる

現在の位置:トップページ > 注目情報 > 見守り情報 > 見守り新鮮情報 一覧 > 出火することも! 電気コードの取扱いに注意

ここから本文
[2019年6月26日:公表]

出火することも! 電気コードの取扱いに注意

[第341号]

2019年6月26日、メールマガジンに掲載された情報です。
メールマガジンの登録は見守り新鮮情報お申し込みからできます。

リーフレット版[PDF形式](195KB)

内容

リビングで使用していた延長コードがソファの下敷きとなっていたため、半断線となり発熱して出火した。(当事者:90歳代 女性)

ひとこと助言

  • 電気製品の電気コードが傷ついた状態で使用を続けると、異常発熱や発火の原因となるおそれがあります。ふだんの何気ない使い方が思わぬ火災につながることがありますので、注意しましょう。
  • 電気コードが家具等の下敷きになっていないか、折れ曲がったり挟まったりして傷ついていないかを確認しましょう。
  • コードの部分を引っ張ると内部で断線するおそれがあります。差し込みプラグをコンセントから抜くときは、コードではなくプラグ本体を持って抜きましょう。
  • 電気コードを束ねたり、ねじれたりしたままの状態で使用しないようにしましょう。

参考


本情報は、東京消防庁の公表情報をもとに編集・発行しています。


※[PDF形式]で作成した文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。PDF形式の閲覧方法について